かかりつけ薬剤師の勤務要件の緩和は不要



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   




 厚生労働省は2018年3月5日、4月の調剤報酬改定に向けて、かかりつけ薬剤師指導料(かかりつけ薬剤師包括管理料)の施設基準の変更点とともに、患者から得る同意書の様式例を公開した。
かかりつけ薬剤師の「在籍1年以上」は10月から




今回の診療報酬改定では

当然の存在として継続するかかりつけ薬剤師ですが

個人的に意外だったのがその点数です。

思えば2016年度診療報酬改定の時には

かかりつけ薬剤師が70点もある事に対して

「さすがに70点は高すぎるし、今後は減らされるに違いない」

と思っていましたが

2018年度のかかりつけ薬剤師がまさかの

プラス改定で73点

というのには正直驚きました。

ただこのプラス改定には

「客観的にかかりつけ薬剤師を評価して73点が適切」

と言ったものではなく

「とりあえずかかりつけ薬剤師はプラスになりました」

と言いたいがためのプラス3点である気がします。

これはかかりつけを推進したい一方で

想定外に加算する薬局とそうでない薬局に差があり

それを是正したいための意味もあるのでしょうか。




いずれにしても今後もその重要性が問われるかかりつけ薬剤師ですが

今回注目したいのはその要件の緩和です。

在籍期間こそ6か月から1年に延びてしまい要件は厳しくなりましたが

育児・介護休業法の規定で短時間勤務の場合、週24時間以上かつ週4日以上であれば例外的に要件を満たす


という緩和も今回の改定により設けられました。

(「緩和」というよりも「例外」の方が正しいかもしれませんが、パート薬剤師で育児・介護休業法に該当する方も多いと思いますのでここでは緩和と考えさせてもらいます)

この緩和によって薬局経営者からすると非常に助かる話しであり

かかりつけ薬剤師として働きたい薬剤師にとっては朗報と言えるでしょう。


しかしこの時間に関する緩和は

個人的にはない方が良かったのではないかと思います。




そもそも前回のかかりつけの要件である週32時間と言う勤務時間は

全国のパート薬剤師にとって決して容易なものではありませんでした。

例えば全国のパートの方の勤務時間は月87.5時間(平成28年度)らしいので
(薬剤師以外も含む) 毎月勤労統計調査 平成28年分結果確報


目安として31日ある月だと週に約20時間の労働になります。

もちろん薬剤師・非薬剤師のパートの労働時間には違いがあるでしょうが

まあ劇的な違いはないでしょう。

するとこの時間を参考にすると32時間には全く届きません。


つまり週32時間という数字は諦めがつく数字だったはずです。


「かかりつけ薬剤師は自分には関係ない」

と端から考えた人も多かったと思います。


しかし今回の改定で

育児・介護休業法の規定で短時間勤務の場合、週24時間以上かつ週4日以上であれば例外的に要件を満たす

という要件が追加されてしまいました。


つまり育児・介護をしながら1日6時間で週4日の勤務

これならば手が届きそうなパート薬剤師も相当数該当しそうです。




でもご存知の通り

かかりつけ薬剤師は勤務時間内だけで済む話しではありませんよね。


例えば24時間電話でも患者さんの対応を行わないといけませんし

また地域活動や認定なども取得する必要があります。

正直、地域活動よりも目の前の育児や介護が大切な人がほとんどでしょう。

育児や介護と仕事にプラスして24時間の電話番は精神的にも重荷になります。



もちろん

「かかりつけ薬剤師をやるorやらないなら辞めて欲しい」
もしくは「給料を減らす」

なんていう選択が4月以降行われる可能性は相当低いと思います。



ただ今後もベースとなる薬局の点数は減算され

かかりつけ薬剤師は薬局の経営にとって必須扱いされているであろう

そう遠くない将来の事を考えると

子育てや介護を行う人の働き方に大きな影響が出てくるのは必然です。




選挙中の立候補者の街頭演説のように

「誰もが働きやすい社会を」

なんて言うつもりはありませんし

パート薬剤師だからと言って

あらゆることを免除するのが適切とは思いません。

それにパート薬剤師の中でも

かかりつけ・非かかりつけによって給料に差が出たとしても

薬剤師によってはそれがモチベーションにも繋がるでしょう。

同一労働同一賃金の面からも歓迎すべき事かもしれません。




ただ人手不足解消・一億総活躍社会などと叫ぶ一方で

薬剤師の働き方は徐々に労働時間を伸ばす方向に進んでいる

そしてそれが当たり前になりつつあり

薬剤師をはじめ医療従事者は労働時間短縮と真逆に突っ走るのは

おかしいのではないでしょうか厚労省さん。




と、そんな事を考えていると

果たして今回のかかりつけ薬剤師の要件の緩和が良かったのかと言えば

個人的には歓迎すべきことではないと思うんです。


この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示