2018年度診療報酬改定で大手チェーンよりも深刻な薬局



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   




今回の診療報酬で完全に想像以上の改定だったのが

短冊で隠されていた地域支援体制加算の要件の数字です。


1年に常勤薬剤師1人当たり、以下の全ての実績を有すること。
(1)夜間・休日等の対応実績 400回
(2)重複投薬・相互作用等防止加算等の実績 40回
(3)服用薬剤調整支援料の実績 1回
(4)単一建物診療患者が1人の場合の在宅薬剤管理の実績 12回
(5)服薬情報等提供料の実績 60回
(6)麻薬指導管理加算の実績 10回
(7)かかりつけ薬剤師指導料等の実績 40回
(8)外来服薬支援料の実績 12回



おそらく多くの方があまりの厳しさに驚いたのではないでしょうか。

正直短冊を見た時点では

公表された3分の1くらいの

あまい数字が入るものだと思っていました。

前回は

⇒地域支援体制加算の要件で納得できないもの

で麻薬指導管理料などの実績は相応しくないと書きましたが

もはや麻薬以前の問題で

努力次第では完全にどうにもなりません。


それにしてもこの算定要件はキツすぎます。

例えば夜間・休日等の対応実績400回なんて

毎日最低1件以上の対応が必要となると現実的にはほぼ不可能です。

少なくともこれを満たす薬剤師に休日はありません。

自分ならば即効で辞めますね。。。



ただ今回の地域支援体制加算の要件を改めて見て

完全に勘違いしていました。



個人的にはてっきり

これまでの基準調剤加算の代わりとして

地域支援体制加算が作られたかと思いましたが

そもそも今回の地域支援体制加算は

調剤基本料1を算定するための特例除外

これと同じ考えと思った方が良さそうです。

すると

調剤基本料1以外の薬局でも算定可能という大盤振る舞いも

算定要件のハードルの高さも

辻褄が合いそうです。


ただそう考えても

今回の地域支援体制加算は群を抜いてレベルが異なります。

例えば前々回の特例除外

24時間開局
(24時間体制ではなく薬局を24時間開けている事が条件)

そして前回の改定での

かかりつけ薬剤師の100件

これらと比較しても圧倒的にハードルが高いです。


では今後地域支援を算定しないのかと言えば

大手をはじめ、一定数の薬局は算定に行くでしょう。

あの手この手の抜け道を開拓し

想像の斜め上を行く数の薬局が出てくるはずです。


しかし地域支援体制加算をガッツリ取りに行くのはコスパ的に最悪です。



今回の改定を受けて

「大手調剤チェーンは終わった」
「基準調剤加算の代わりに地域支援体制加算を取りに行かなければならない」

という人もいますが大手がそんな頭の悪いわけないでしょう。

調剤基本料が下がり、基準調剤加算分のマイナスによって

いくらの減額になるか等の算数はとっくに織り込み済です。


では基準調剤加算が算定できなくなり

地域支援も算定できない薬局や

今回の改定で最もダメージの大きい大手調剤チェーンなどは

どうするかと言うと

取りに行ける加算をもらすことなく取りに行く

ことになると思います。



例えば

服用薬剤調整支援料 125点
6種類以上の内服薬(特に規定するものを除く。)が処方されていたものについて、処方医に対して、保険薬剤師が文書を用いて提案し、当該患者に調剤する内服薬が2種類以上減少した場合に、月1回に限り所定点数を算定する。

重複投薬・相互作用等防止加算
注3 薬剤服用歴に基づき、重複投薬、相互作用の防止等の目的で、処方医に対して照会を行い、処方に変更が行われた場合は、重複投薬・相互作用等防止加算として、次に掲げる点数をそれぞれ所定点数に加算する。

イ 残薬調整に係るもの以外の場合 40点
ロ 残薬調整に係るものの場合 30点



これらの点数は最低限、絶対に必要になってきます。

そしてそれはかかりつけ薬剤師の算定73点の算定も同様です。

「かかりつけ薬剤師のノルマ100件から解放されてよかった」

なんていう考えは大間違いで

少なくともかかりつけ薬剤師の算定は最低条件。

これまでかそれ以上の同意を必要とされるでしょう。





ただ今回の改定を見て思うんです。


今回の改定で一番まずいのは大手ではありません。

また、中小や個人の薬局でもありません。

今回の改定で一番まずいのは


これまでただ薬を渡すだけで成り立っていた何もしていない薬局


これは間違いありません。





今回・前回の診療報酬改定から確実に方向性が変わりました。

するとこれまでは

ただ薬を渡していただけで成り立っていた薬局では話が違ってきます。


そして今後は薬局ではなく

個々の薬剤師が行った実績

が経営の要になってきます。




そしてそれを含めて

「薬局」というよりも「薬剤師」が変わっていかなければならない

そんなメッセージを強烈に受けました。



この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示