かかりつけ薬剤師は1人より複数いる方がいいと思う理由



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   



個人的には今のかかりつけ薬剤師の制度には反対です。

その理由については昨年の制度開始以前から複数回ここでも書いてきましたし

前回書いたように

薬の一元管理を推進するためという事に関しても

あまりメリットを感じず

むしろ制度を利用した利益重視に終始し

現場の薬剤師を疲弊させるだけの側面もあるからです。

薬局をアクセスや利便性で選ぶのは当たり前



ただこのかかりつけ薬剤師の制度に非を唱える人は多くても

その表向きの概念に反対する人は意外と少ないと思うんですよね。

例えば

「信頼のおける経験豊富な薬剤師がきめ細かい対応を行う」や

「体調の変化を継続的に見て指導を行う」

などのことに関してはおそらく否定的な意見よりも

むしろ肯定的な人が多いのではないでしょうか。

そして個人的には

患者さんはかかりつけ薬剤師を何人も持って然るべきだと考えます。



と言うよりもむしろかかりつけの薬剤師を1人に絞る必要性って

患者さん本人が望むのであれば別ですが

現状特にメリットはないと思うんですよね。





今のかかりつけ薬剤師制度に則るのであれば

全ての診療科の薬を把握して

さらにその疾患の背景に至るまで知識があり

おまけに信頼が得られるまでが前提にあると思うんですが

それを

「はい、やれています」

という薬剤師は一体どれだけいるのでしょうか。


それならばそれぞれの診療科に応じて

幸いにも目の前にその診療科の薬を専門に扱っている薬局があるわけなので

一概には言えませんが

薬を含めた諸々の指導はやはりその門前薬局薬剤師の方が

相対的に優れている可能性は高く

その中でかかりつけ薬剤師を選んで行けばいいと考えます。


「各々の薬局で専門性を持った信頼できるかかりつけ薬剤師を持つ」

これではダメなのでしょうか。




ただそうなると前回も書きましたが

かかりつけ薬剤師制度導入の最大の意図である

「薬の重複投与を防ぐにはどうすればいいのか?」

であったり

「かかりつけ制度のコスト増」

という問題が発生します。


ただこれも情報の共有化で解決できると思いますし

取りあえずはかかりつけ薬剤師の算定要件に

「お薬手帳必須」

というのを設けるなどで対応できると思うんです。

正直お薬手帳の有無で点数が変化するのは好ましくないと考えますが

算定要件にお薬手帳がなければ

かかりつけ薬剤師指導料を算定できない仕組みにします。

もちろんお薬手帳を忘れたらかかりつけ薬剤師指導料を算定できません。

毎回新品の手帳を渡すのは当然不可。


すると過去の診療報酬改定よろしく

「お薬手帳がない方がお得」

などの薬局側にとっては都合の悪い報道があるかもしれませんが

そもそもかかりつけ薬剤師に同意をしている方々は

「お金を多少出してもかかりつけの薬剤師になって欲しい」

という人達なので

わざとお薬手帳を忘れて値段を安くしようとはあまり思わないと思うんですよね。

それならば初めからお金の多くかかるかかりつけに同意しないと思います。




そしてかかりつけ薬剤師が複数いることのメリットは

セカンドオピニオン的な存在がいることにもなり得ます。

現状のかかりつけ薬剤師制度では1人の薬剤師が全て管理してくれるのは

メリットがある一方で

薬剤師1人の意見が「すべて」になってしまう欠点があります。

実質かかりつけになれるまで3年の実務経験が必要とされていますが

新卒後3年ならば転職経験もなく

1つの薬局しか経験がない薬剤師も決して少なくないでしょう。

もちろん経験年数が必ずしも個々の薬剤師の能力に影響するとは思えませんが

現状、算定要件を満たせばイケイケどんどんで算定し始める所もあるわけで

そこに患者さんに対する薬の全てを一任するのは

もはやデメリットでしかありません。


しかし複数かかりつけ薬剤師がいれば

診療科の垣根を越えて

「あの薬局ではこう言われたのだけれど本当なの?」

と色んな意見を聞ける事にも繋がります。




またかかりつけを複数持つと

かかりつけ薬剤師のコスト問題が挙げられますが

これは今のフリーな算定可能な条件に制限を設けて

例えば65歳以上は算定不可だったり

2か所以上の病院を受診していない時は算定不可としたり

かかりつけ薬剤師の点数を下げたりして

制度をガッチリ整える事でコスト削減は可能だと思います。


そしてそもそも患者さんが

かかりつけ薬剤師が1人でいいならば1人でもいいですしね。








ということで実現しない事を妄想していましたが

とにもかくにも

かかりつけ薬剤師の意味も理解させずに同意をとる現状がある以上

本当に意味のあるかかりつけを行う薬剤師の邪魔をしないためにも

下手に患者さんの囲い込みツールになるのはどうなのかあと思います。


まあ一番の問題はその囲い込みになり切れていない点なんですけどね。

それならば諸々考えて

複数のかかりつけ薬剤師を持った方がいいのではないかと考えます。




この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

No title

良い記事ですね
風桶のような文章や、半年前と違う事を言っていたりと
残念なブログだと思っていましたが
適切な分析と対応を提示しており関心しました。
プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示