全国の現金問屋を使っている管理薬剤師に警告です



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   




世間を騒がせたハーボニー偽薬事件ですが

一番悪いのは偽ハーボニーを作った所なのは間違いありません。

しかし個人的には

一番最初にその偽ハーボニーを購入した卸もかなり罪は重いと思います。



そもそも秘密厳守か何か知りませんが

特定できない個人から数万円もする偽の薬を購入して

それを他の卸に売りつけて利益を得ているわけで

それをいくら販売業の許可を得ている違法でない業者と言っても

やっている事はめちゃくちゃでしょう。

さすがにこれではまずいと言う事で

偽造品流通防止に向けた検討会が行われています。

医療用医薬品の偽造品流通防止のため の施策のあり方に関する検討会・


報道では

薬局間の分譲ができなくなるのでは?

と言われていますが

すでに今年の3月の時点で

薬剤師・薬局関係3団体としてガイドラインを作成しているそうなので

おそらく行き過ぎない程度のルールが選定されると思います。

仮に

・卸が小分けして薬局に販売する場合

・薬局が処方箋に基づいて販売する場合

この2つ以外の開封を禁じるとなると

薬局の経営が成り立ちませんし

門前から地域へ

なんて絵に描いた餅になるでしょう。

ですからその辺りは楽観的に見ているのですが

それよりも今回の検討会及び今後の議論として注目必死なことが


偽造品対策に関連した管理薬剤師の責務の明確化

です。

今回の会議でも

薬局では、医薬品を使用する患者に対する調剤・交付等の業務が行われることなどを踏まえ、管理薬剤師は「実地」での管理が求められている。 こうした管理薬剤師の役割の重要性に鑑み、偽造医薬品対策に関連した 管理薬剤師の責務を強化するべきではないか。

という意見の下

今後実地の管理を求められる管理薬剤師の処罰も厳格化されると思います。


「そうは言うけど会社の方針には逆らえないよ」

と言う意見も一理ありますが

今回の検討会に出た意見としては


「雇用されている管理者は社長の業務命令には従わざるを得ないのが実態」

としながらも

管理薬剤師の助言に対して薬局開設者は従うことを確実に求めることが必要

薬局開設者・管理薬剤師・薬剤師それぞれが行うべきことを規定することが必要



と、現場の管理薬剤師の立場も分かるがそうも言っていられない

と言った様な印象を受けました。

つまり問答無用で現場の管理薬剤師も罰する

しかも今回の偽ハーボニー偽薬の様に軽い処罰で済むかと言えば

おそらくそうはいかないと思います。

すると今後注目すべきは「箱なし医薬品の販売ルール」自体よりも

管理薬剤師の処罰。

もしこの内容が設定された後、全国の管理薬剤師は

客観的に自分の置かれている状況を確認した方がいいでしょう。

もう会社の方針だからでは済まされない所まで来ています。

場合によっては会社からも切り捨てられ

行政的な処分も受ける可能性が出てきたわけですからね。


そして個人的には管理薬剤師を罰するのは賛成です。


綺麗ごとと言われればそれまでですが

やはり管理者としてイエスマンである必要はありませんし

患者さんに被害が生じた場合に責任がないでは通らないでしょう。



本当は開設者と管理者の立場を明確にし

意見できるようにするのがベストですが

昨今の不正問題を見ても分かる通り

はっきり言って不可能だと思います。

それならば現場の管理者のなり手が減れば

企業としても改善の方針を取らざるを得ないのではないかと思います。




この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示