自分ならクオール薬局の実習でもいい!?



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   






東京理科大がクオール薬局の実習の辞退を受けて

ちらほらある意見を目にします。

自分ならばクオール薬局で実習でも構わない
むしろ現場できれいな面ばかりをみるのはどうかと思う

という意見です。


そして自分は

クオール薬局の実習を辞退した東京理科大薬学部にあっぱれ! 

と言う記事を書きましたが

正直、上に挙げた様な意見に同意します。



現場のきれいな部分だけを学ぶのが実習ではないと思いますし

過度に学生を責める必要は全くないと考えますが

現場で起きている様々な理不尽な部分も含めて実習だと思っています。

それに学生側も年齢的に20歳を超えているわけで

現場がクリーンな部分しかないと信じている人なんて少数派でしょうし

下手にあらゆる面で平等を叫ぶ必要はないと思います。





でもね、これって個人の意見としては良いとしても

学生を守る立場である学校などは口が裂けても言ってはいけないと思うんです。




そして自分の学校内で完結するならば100歩譲って良いとしても

学校の手を離れる場での出来事になるわけで

それを学びの機会だからと割り切るのは

それこそ学校失格です




今回の件を受けて

個人的にはクオール薬局の実習を辞退した

東京理科大に関しては英断だと思っていますが

逆にそうでない大学に対してとやかく言うつもりはありません。

それは各大学が実習を辞退する場合

本当に諸々な事を協議して判断するものになるでしょうし

現場の薬剤師の中にも理科大を支持する意見もあれば

「実習辞退はやりすぎ」と言う意見も当然あると思います。


しかし実際に東京理科大の判断は他の大学にも波及し

次々とクオール薬局への実習を取りやめる大学が出てきているそうです。

それらの大学がどういう本心でクオールへの実習を辞退したのか分かりません。

しかし基本的に実習の受け入れ先と実習生のアンバランスが大きくなるほど

実習先と学生の立場は拡大し

明らかに学生及び学校の方が立場が弱い状態です。

しかし今回クオールほどの大手に対して

大学側がNOを突きつけたのは自分の知る限り初のことです。

それでもなお

「怖いもの見たさで自分なら実習に行っても良い」

と言う意見は自分が100%実習しない立場からの発言であり

クオールに就職したい理科大の薬学生が言うのであればまだしも

それは薬学生を守る立場

今の薬局業界に対する大学の主張を

完全に無視した発言でしかありません。




「クオール全体が悪い訳ではなく現場の薬剤師は頑張っている」

と言う意見も今回の実習辞退の側面から言えばかなりズレています。


そりゃあ山形のクオール薬局の店舗で起きた不正で

では九州のクオール薬局の店舗にも問題があるかと言えば

そんな事はまずないでしょう。

仮に組織的に不正があるのであれば

今回の件が発覚した直後の号令により

内部は自浄作用が働いていて実習の場としてはむしろ良くなったはずです。

そしてそんな事は誰もが言われなくても分かっていますよね。

大学側が伝えたいのはそんな視野の狭い事ではありません。

それならば不正が起きた店舗のみで実習辞退にすれば十分ですからね。





未だに何の音沙汰もないクオール薬局ですが

いずれにしても今回の件で実習に来る学生が減るという事は

新卒の学生の確保にダイレクトに影響を与える事になりますし

来年の新卒薬剤師の争奪戦において

かなりのビハインドを背負う事になるでしょう。

すると誰も制裁を与える事が出来ない中で

まさかの大学側が主導権を握ることになりました。


やっぱり東京理科大薬学部はあっぱれとしか言いようがありません。


この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示