生活保護受給者の薬局を1か所に限定する真の目的



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   

厚生労働省は、生活保護受給者が利用する調剤薬局を1カ所に限定する検討に入った。複数の医療機関にかかって同じ薬を重複して受け取るのを防ぎ、生活保護費を節減するのが狙い。

生活保護者 調剤薬局を1カ所に限定へ 厚労省検討




この政策に賛否があり

どちらかと言えば否定的な意見が多く目につきました。

特に多く言われたことが

薬局を1つに限定する事での患者さんの利便性

を問題視するものが多かった気がします。

「生活保護受給者を1つの薬局に限定するのは大変だ」
「不便になり薬が手に入らない可能性もある」

などなど。



ただこの政策と言うのは

特段生活保護受給者に限った話ではなく

まさに今後の国としての方針と完全に一致しています。

むしろすでに国はかかりつけ薬剤師を導入し

全ての国民で同様のことをスタートしています。


しかし不思議な事に

「高齢者が薬局を1つに限定するのは不便だ」

と、かかりつけにあまり否定的な声が上がる事もなく

むしろ患者さんは高いお金を払ってでもお願いする現状です。

確かに既存のかかりつけ薬剤師の制度であれば

特に薬局を1か所に限定しなくてもペナルティがないため

大きな批難も起きないのでしょう。

やはり「強制的か自発的か」と言うのは大きな議論になる所ですよね。






話しを生活保護受給者の薬局を1か所に限定することに戻します。



そもそもこの政策は2013年からすでに東大阪市で導入され

今度は大阪市全体で施行し、いずれは全国で行う予定と言うことから

おそらく全国で導入されるのは止められないと思います。

ただやはり患者さんの利便性を失わない様に

何か例外を設けるべきだと思うんです。



例えば1つ決めた薬局に行かずに他の薬局に行く場合は

「お薬手帳を必須にすれば他の薬局でも調剤してもらえる」

でも良いと思います。

ただ今の手帳システムのままなら不正し放題なので

お薬手帳の扱いも厳格にして指定のもの1つだけ利用。
(それ以外は無効)

例えばシールで貼ると剥がされて不正される可能性があるならば

割印をシールと手帳に押すなどして対策し

服用状況をどの薬局でも共有できるようにすれば

薬の重複投与を防げるのではないでしょうか。

まあそれでも全ての不便さが解消される事はありませんし

抜け道もありますが

一番ネックであるコストも大してかかりません。

それにこの手の話しになると

生活保護受給者の不正が問題になりますが

多くの受給者は不正に無関係で

薬の重複投与に関しては自覚がない人も多いでしょうから

お薬手帳で重複がないことを証明し

その様な人の利便性を守る必要があると思います。



それにこの医療費削減案に関しては

生活保護費の医療費の中の入院費にメスを入れる事が本丸であり

外来調剤の重複投与を削減しても

根本的な解決には繋がらないでしょう。




ただ思うんです。

厚労省がこの様な政策を行うことでの

メリットとデメリットは正直全く釣り合っていると思えません。

最初にも書きましたが

強制的か否かと言うのは大問題になりますし

薬の転売などには一定の効果はありそうですが

生活保護者の医療費削減に大きく貢献するとも言い難いでしょう。


しかしそれでもあえて今回この政策を進める理由としては

やはり将来的に全国民の薬局を1つに選定させ

医療費削減を目指すための


貴重なデータ収集


なのではないのかと

むしろそのための今回の政策の導入なのではと

邪推してしまいます。


この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示