「思考停止でAGもアリ」への反論を読んで



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   




思考停止でAG(オーソライズドジェネリック)もアリと思う理由
※コメントで反論を頂きました


そもそも反論をくれた方は

「思考停止でAGを選ぶな」という主張の記事を書いた方なので

「思考停止でAGもアリ」という主張に反論があるのも当然でしょう。


そもそも

「ジェネリックを抵抗なく使用してもらうため」

に注力している薬剤師と

「どのジェネリックがベストか」

というメーカーでは

立場が違うので難しい話しだと思いますが

その点に関しては前回書きましたので

今回はあくまで超個人的な意見として書いていきたいと思います。




まず最初に言っておきたいのが

現時点でのジェネリックのシェアは確かに高まっていますが

必ずしもジェネリックを利用している患者さんが

現状に不信感を抱いていないかと言えば

また別問題という前提を考えなければなりません。

むしろこれまでのネガティブな経験を踏まえてAGが発売される際は

優先的にAGを選ぶ所も多いのではないでしょうか。



ただ、もし仮に個人的に患者さんや医師への不信感さえなければ

はっきり言えば別にAGでなくても良いです。

AGでなくても良いので

ある程度まとまったシェアを持ったジェネリックが出る事を望んでいます。

その理由として

患者さんが薬を貰うのは1つの薬局だけではありません。

場合によっては入院して病院でもらう可能性もありますし

ひょっとすれば他の薬局でもらうケースもあるかもしれません。

するとフェキソフェナジン「○○」という

メーカーの名前部分だけが変わるのであれば

大して気にはならないかもしれませんが

見た目もシートも変わってしまうと

やはり効果(主観)の面や飲み間違えのリスクが上がってしまう。

そうなった際にある程度の地域連携した

最大公約数的なメーカーを選ぶのも必要だと思うんです。


ただ患者さんや医師への不信感がない前提などはありえない話しで

それこそ再度言葉を借りますが

製剤工夫ばかりを見て患者さんの思いをくみ取れないなら意味はないでしょう。


そしてこの手の医師・患者さんの主観が大きい薬は

ジェネリックへの移行自体が困難なケースも珍しくありません。

増加する後発医薬品の使用、品質への不安も



ただ患者さんの主観が入る薬はAGがベスト。

おそらく現場の薬剤師の中では

「ジェネリックは効きが悪かった!やっぱり戻して!!」

と言われたことがある人は決して少なくないでしょう。

そしてその割合は患者さんの主観が入る薬に関してはより顕著になります。

抗生剤ならまだしも抗ヒスタミン薬では

後発品は嫌だと主張されるケースがあると思います。

しかしAGならばその点が改善されるのがAGのシェアが高い理由の1つでしょう。

まあこんなことは釈迦に説法でしょうが。。




そして、多くの薬剤師が違和感を持ったであろう部分。


現状AGが発売されていないジェネリックに関しては

AG以外のジェネリックを選定している事になりますが

では各薬局が何を基準にメーカー選んでいるかは

分かりません。

それこそ前回も書いた通り日本調剤のケースもあるでしょうし

チェーンの薬局ならば

そこに現場の薬剤師の意向がどこまで反映されるか疑問が残る所です。

まれにアンケートなどもありますが信憑性は不明です。

ついでにAGを選ぶ理由も分かりません。


結果調剤薬局は5万件以上あるのでジェネリックを選ぶ理由はそれぞれ。

しかしAG・非AGを選ぶ理由・選ばない理由が分からないのに


どうして

「安易にAGを選ぶ薬剤師」は怠惰だ

と限定して批難するのか分からないんですよね。




それならばAG以外も安易に選んだら怠惰でしょうに。

どうも「正しいジェネリックを選びましょう」ではなく

ただAGだけを目の敵にしているだけの印象を受けました。





確かに薬剤師の怠惰でメーカー選定が甘い現状があるのかもしれません。

しかし雨後の筍の様に次々と後発品メーカーが乱立し

新発売のペーパーだけを送られてきて

それを全て吟味しろと言うのは正直どうなのと思います。

1つの先発品に10社以上ジェネリックを販売し

その選定する明確な違いなども一切示す事なく

仮に電話で質問しても

とても「情報提供」と呼べるレベルの回答が得られない所もある。

しかし全てを現場の薬剤師へと丸投げしておいて

かたやAGを選んだら怠惰と言われても

何だかなあと思った次第です。


この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そもそも例にでているシングレアってそんなに一包化します?最近眼科門前が長くてあまり記憶にない。門前の科や処方医次第なんでしょうか。

「効き目はほぼ同じ!厚労省のお役人なんか同じだって言ってる!ほらほら見てみて、先生だって患者さんが選んでいいよって意味で一般名処方してるんですよ~。」
って説明しても添加物が違うってだけで、アレルギー反応を起こす患者ならしばしば目にするんですねどね。

ま、うちの薬局は(同会社の他薬局も)AGは選んでおりませんが。
点眼液の防腐剤を減らすor変える工夫なんかは個人的には好印象。

ジェネリックの選定は病院薬剤師は当たり前のようにやってるのに病院薬剤師より高い報酬をもらってる薬局薬剤師がそれをサボってるのは批判されて当然かも…?

病院は同意が要らないので少し違うと思いますが、どうせ患者の気分で決まるから選定は適当でいいだろというのもプロの態度とは程遠いですよねー
プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示