思考停止でAG(オーソライズドジェネリック)もアリと思う理由



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   



個人的には思考停止で

AG(オーソライズドジェネリック)を選択するものアリだと思います。


確かにAGより優れた製剤のジェネリックが他にもあると思います。
(むしろあれだけメーカーが乱立して良いものが1つもなければそれはそれで淘汰されるべきだと思います)

薬自体の安定性や飲みやすさ、また若干ですが値段も違う場合もあります。

もちろんそれを汲み取り信念を持ってジェネリックを選んでいる薬剤師に関しては

否定する余地は一切なく

それだけの選んだ理由があるならば患者さんへの説明にも

かなり説得力を持ったジェネリックへの切り替えの提案ができると思います。


しかし現状ジェネリックへの移行が進みきらないのは薬剤師側の信念の足りなさ以上に

患者さん側が持つジェネリックへの不信感が未だに根強いから。


確かに「ジェネリック」と言う名前はかなり市民権を得てきたと思いますが

それを活用するかはまた別問題。

「効果や副作用が不安」
「値段が大して安くならないならそのままの方が良い」
「効果が同じで安いだけなのはおかしい」

などはここ10年以上言われ続けてきた事で

まずはこのハードルを越えない限り

ジェネリックアレルギーを解消できないと思うんです。

また、ジェネリックが普及しない大きな理由のもう1つに

医師側にも不信感が強い場合があると言えますが

この問題を解決できる、ジェネリックへの入り口として最も容易なのが

やはりAGの強みだと思うんです。単に「説明が楽」という訳ではなく。




確かにジェネリックの中から本当にベストな薬を選ぶ事

それは薬剤師の義務かもしれません。

しかし現状ジェネリックのメーカーが多すぎると言う問題も根本的にあり

それゆえの供給面の不安なども考慮するとどうしても選択肢から外れるメーカーも多い。

一方で在庫の面を考慮すると置けるジェネリックの数は

1つの先発品に対してせいぜいジェネリックは多くて2種類程度ではないでしょうか。

1種類しか置かない薬局も多いと思います。

そうなると万人にベストなジェネリックとは何かと言われれば

今の段階では「先発品と同じ」と言うのが個人的には答えです。


もちろんジェネリックのシェア、患者さん、医師の意識が変わってきたら

また違う答えがあるでしょう。


まさにるるー主さんが言っている

「今の現状においてAGという理由でAGを選ぶのはプロの判断」だと思うんですよね。
AGを選ぶのは思考停止?



繰り返しになりますが

信念があってジェネリックメーカーを選んでいる薬剤師に対しては

この主張をするつもりはなく、はっきり言って余計なお世話だと思います。


ただ何となく

「沢井なら大手だから安心だろう」
「納入価が少しでも安い所を選ぼう」
「メーカーの口車に乗せられて」

と言う薬局であるならばむしろ率先してAGを選択する方が良いと思います。

これを適当に選んだメーカーのジェネリックを使い

患者さんには「先発品と同じで安い」とテンプレート的に謳う方が問題で

それがジェネリック不信感の火種になる可能性すらあります。
(今さらですが)

それなら「取りあえずAG」と言う選択をするのも全然アリだと思いますし

最優先すべきことは今の段階では

ジェネリックを使用する患者さんの不信感を取り除く事ではないでしょうか。





少し話は変わりますが

前回の記事の

日本調剤は健康サポート薬局の研修機関にふさわしくない

がかなり好評でしたが

やはり多くの方が日本調剤がきらいに不信感を抱いているんですね。

そんな日本調剤のジェネリック使用率は高いみたいですが

日本調剤は素晴らしいです。

思考停止でAGを選んだりは絶対しませんからね。


この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

ある意味思考停止と言えなくもない

すばらしい皮肉ですね。
同意します。

No title

こんにちは。
ジェネリックメーカーのMRです。

現在の状況を見ればAGを選ぶのも、プロの判断だと仰る記事に賛同されているので反論だけ。
現在の状況は調剤薬局でもは、60%以上ジェネリックに切り替わっています。
チェーン薬局では70、80超えている気がします。
今の現状ってなんなんでしょう?
それこそ、後発に不信感があって全く後発に切り替わらない状況であればAGもまた良しと思うのですが、半分以上ジェネリックに切り替わってその大半はAGじゃない現状を見て、プロの判断で済ませていいのでしょうか?
DPC病院でもほぼ70%以上、後発に切り替わっています。
これが現状です。患者の不信感とか無視して、半分以上ジェネリックに切り替えているのが現状です。
じゃあ、AG以外のジェネリックに関してはなんなんでしょうか。なにを基準にして選んでいるのでしょうか。
価格だけ?
もし、そうであるのであれば私は薬剤師さんに対して愚痴を吐き続けたいと思うのです。
プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示