日本調剤は健康サポート薬局の研修機関にふさわしくない



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   




依然として度々話題になる敷地内薬局ですが

大阪府薬剤師会が大阪府立の病院機構大阪国際がんセンターが行った誘致に対して

反対の立場を表明しました。

大阪国際がんセンターが敷地内に薬局誘致  大阪府薬は反対、藤垣会長「薬局の独立性は分業の神髄」


東京や大阪などの都市部は各薬剤師会が敷地内薬局に対して

明確に反対の意を示していますが

「薬剤師会が敷地内薬局に反対」というニュース自体

本来ならば至極当然な話でむしろ恥ずべき事ですらあると思いますが

現実はそれでも敷地内薬局に手を挙げる薬局が後を絶たないのが現実。


一方でこれからの薬局の在り方のモデルと言ってもいいのが健康サポート薬局です。


そもそも「健康サポート薬局とは何か」と

明確に言える人は実はそこまで多くないと思います。

一応、薬事関係法規上には

かかりつけ薬剤師・薬局の基本的な機能に加え、国民による主体的な健康の保持増進を積極的に支援する(健康サポート)機能を備えた薬局

と漠然としてあまりピンと来ませんが規定されています。

そして健康サポート薬局は当然かかりつけ薬剤師を推進しています。

個人的にはこの健康サポート薬局のあるべき姿に特に不満はありません。
(かかりつけ薬剤師云々はひとまず置いておきます)


ただ敷地内薬局と健康サポート薬局の2つを改めて考えてみると

やはりすごく違和感を感じる事があります。それは

日本調剤を健康サポート薬局の研修機関に認定した事です。



確かに日本調剤程の規模になれば適切な研修機関としての役割を果たす事は可能でしょう。

上場企業である立場からも社会的な信用も高いです。


しかし健康サポート薬局とは対極にある敷地内薬局に関してNOと意思表示すべき中で

自ら敷地内の誘致に名乗りを挙げ

そして一方では地域薬局のモデルとしての健康サポート薬局の研修機関の立場を担う。

全く日本調剤が目指しているビジョンが見えません。
(1つだけ明確に見えるものがありますが)


確かに健康サポート薬局である事、もしくは研修機関である事と

敷地内に薬局を持つことは別次元の話しかもしれませんが

そこの身の置き方がもはや何でもアリな所が

クオリティオブ日調たる所以だと思います。




個人的には日本中の薬局全てが健康サポート薬局になる必要はないと思いますが

健康サポート薬局の数が増える事自体は良い事だと思います。

また必然的に日本調剤の健康サポート薬局は増えてくるでしょう。

「患者のための薬局ビジョン」として勝手な解釈をすると

敷地内薬局でも健康サポート薬局でも

ある意味両輪でもアリなのかもしれませんが

少なくとも

「企業全体として地域医療に貢献してます!!」

と言うワードは不適切だと思います。



ちなみに健康サポート薬局の理念やあるべき姿については

「健康サポート薬局のあり方について」という報告書に記されているんですが
健康サポート薬局のあり方について

地域の薬局の中で、健康サポートのリーダーシップを発揮するよう、 地域の薬剤師会等を通じて、自局の取組を発信したり、必要に応じて、地域の薬局の取組を支援すること


と記されています。

敷地内薬局で運営し

地域の処方箋を独占し

全国の薬局からヒンシュクをかう。



100歩譲って

「それでも自分達はやりたいようにやる」というスタンスならばそれでいいです。


しかしなぜわざわざ健康サポート薬局の研修機関の認定を与えるのか意味が分かりません。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示