薬剤師業界の2016年を振り返る~下半期~



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   




では前回に引き続き今年の下半期のニュースを振り返ってみたいと思います。



・薬剤師の疑義機能せず。東京女子医大病院の事故
東京女子医大病院の事故。医師の主張に全く納得がいかない。

東京女子医大でラミクタールを過剰投与されて

患者さんが副作用で亡くなってしまった事故です。

この事故での問題が

「薬剤師の疑義が行われていた」ということ。

疑義なしではなく疑義があってこの事故が起き

そして医師と亡くなった遺族の意見が平行線。

インフォームドコンセント及び

医薬分業とは何かと考えさせられる事故でした。


・敷地内薬局誘致が活発
病院敷地内に薬局を誘致

今年の薬剤師ニュースのトップ3は固い敷地内薬局の話題。

そもそも

敷地内薬局解禁!!

などと言った大それたものではなくて

病院と薬局のフェンスを外して行き来しやすくなる程度で終わればよかったのですが

どうやらそんな甘い話しにはならず

かなりの議論を巻き起こしました。

医大から始まった敷地内薬局は他の公的病院にまで発展し

私立病院すらも大々的に敷地内薬局の誘致が進むのは時間の問題。

2017年はあらゆる所で敷地内薬局誘致のニュースを目にしつつ

医薬分業のメリットが議論されそうです。


ただ長岡市薬剤師会に関しては

薬剤師会会長の薬局自らが敷地内薬局の誘致に名乗りを挙げたり

そもそものこの敷地内薬局。

手を挙げる薬局がいなければ計画が頓挫するはずなのに

敷地内薬局が全国で進むと言うのは

やはり薬局側に自制が効かないのも大きな問題だと思います。


・ファーマシスタ薬学生炎上
あえて話題の薬学生を擁護してみる。そしてお願い。

炎上系薬学生の彼でしたが

個人的には将来の事まで考える薬学生として

居酒屋トークをネットに書いてしまう以外は

凄く良い意識の持ち方だと思います。

自分が学生の頃なんて

初期のカイジの様な堕落した生活でしたからね。

ぜひ5年くらい経った時にも

「門前薬局っていらないよね」と言って欲しいです。


・週刊現代「飲んではいけない薬」で現場は混乱
読み続けてはいけない「週刊現代」。プレイボーイを読もう。

混乱したのはどちらかと言うと病院の医師ですが

今でも似た様な記事を週刊誌が取り上げているのを見ると

やはり健康には関心が高いという事を再確認させられるニュースでした。

ただこうやって無責任に「飲んではいけない」なんてやるのは

WELQ同様に問題があると思うんですよねえ。


・薬学部新設が議論
本気でこれ以上薬学部を増やそうとお考えですか??

これ以上薬学部を増設する無意味さの中で

和歌山県薬剤師会は自ら署名集めをして懇願すると言うあるまじき事態。

未だに「もっと地方に薬学部は必要」なんて言っている人がいますが

地方の私立薬学部の過疎具合を見て本当に必要だと考えているのでしょうか。

それにこの過剰な薬学部の中にさらに薬剤師を増やすと言うのは

昨今の歯学部や法科大学院と同じ運命を辿るだけです。


・薬剤師年収1000万円の求人
薬剤師求人で年収1000万円が存在する件

薬剤師は過剰・飽和になると言われ続けながらも

診療報酬改定後にも関わらず年収1000万円の薬剤師求人がある事実は

まだ売り手市場の薬剤師業界と言えるのではないでしょうか。

もちろん長くは続かないでしょうが。

ここ最近の動向を見ると一気にばっさり診療報酬削減で

給料に大打撃という未来がなくもないとは言い切れません。


・健康サポート薬局、点数に無関係と日本薬剤師会
健康サポート薬局は金にならないから止めといた方が良いよ。

想定外の健康サポート薬局の研修申し込みにより

薬剤師会が報酬とは無関係とする事で

その数を減らすため?なのか分かりませんが公表されました。

将来的には

基準調剤加算と一本化する事で結局基準調剤加算が取れない薬局は

健康サポート薬局に準じないという事で淘汰されていくのでしょうか。


・水野薬局が日本調剤に買収
水野薬局買収で日本の薬局は変わるのか!?

日本で最初の調剤薬局が日本調剤に買収されたニュース。

この買収には賛否両論ありましたが

インパクトとしては絶大なものがありました。

個人的には今後の薬価改定を受けて2017年には

卸業と大手チェーンの薬局・ドラッグストアの合併があるのではないかと

密かに予想しています。


・元フジテレビアナ長谷川豊炎上
本気論、本音論

人工透析患者に暴言を吐いたとして炎上し

その後レギュラーがゼロになってしまった長谷川氏。

この事件の前から度々炎上する事がありましたが

最近は全く話題にもならない事を考えると

炎上して完全に昇華してしまったようです。



・調剤権と処方権
リフィル処方箋、本当にやれんの??

第49回日本薬剤師会学術大会で飛び出した

中医協の幸野理事の発言で波紋を呼んだ調剤権と処方権ですが

薬剤師に最も関与した話題がリフィル処方箋でしょう。

ただ準備なしに「では始めます」と言ってできるものではないため

それに向けての準備を薬剤師会主導で進めるべきだと思うんですけど

どうも薬剤師会側も乗り気ではない様子。

個人的にリフィル処方箋は賛成ですが

準備不十分でとりあえずスタートする程恐ろしいものはないと思っています。

はっきり言って今薬剤師にリフィル処方箋は対応できません。


・昨年度の医療費が41.5兆円突破
医療費が41.5兆円。調剤が医師会から先制パンチをくらう

折に触れて医療費の伸びは薬局側のせいにされています。

毎回の事なので個人が憤慨する必要はありませんが

どちらかと言うと言われっぱなしの薬剤師に憤慨です。


・守銭奴の大手に激怒
クオール薬局、おかしくないか?

クオール薬局の経営体質の問題です。

2016年度の診療報酬改定が厳しいのはどの薬局も同じ。

しかしだからと言って何しても自由と言うのは大間違い。

決められたルールの中で何をしても良いのかと問えば

大手はYESと答える様な事例でした。




以上2016年の下半期のニュースを振り返りました。

それにしても明るいニュースを探そうと思ったんですけど

本当に話題にすらなりませんでしたねえ。

まあここで取り合えげているニュース自体がマイナスのニュースばかりなので仕方ありませんが。。。





今年1年間読んでくださりありがとうございました。

コメントをくださった方やTwitterのフォロワーの方など

情報提供やご意見、本当にありがとうございました。

来年もよろしくお願い致します。

この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示