薬剤師国家試験の出題基準見直しに思う事



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   




2016年10月15日に医道審議会薬剤師分科会 薬剤師国家試験出題基準改定部会が開催され、薬剤師国家試験の出題基準の見直し案が概ね了承された。

薬剤師国家試験の出題基準が大幅に変更


という事ですが

そもそも6年制に移行した意図として

豊かな人間性、高い倫理観、医療人としての教養、課題発見能力・問題解決能力、現場で通用する実践力を身につけることが求められている
日本医療薬学会より

という体であるのに

改定案は、物理・化学・生物と衛生について、出題の考え方に「小項目ごとに記載された留意事項を考慮しながら、薬剤師の臨床現場との関連性が高い問題を出題する」との文言が追加された



なんて言うのはかなり今さら感があります。


まあこの手の話しは6年制の議論において

さんざん言われ続けてきた事ですけどね。


ただ昨今の薬剤師国家試験は合格率の調整に躍起になってしまい

取りあえず点数を下げて後から補正問題で拾い上げる。

そのための足切の緩和なども行われましたが

まあ当事者の受験生からすれば

「考えさせる問題が増えた」という事で片づけられるのであればまだしも

この補正問題で命運が分かれると言うのはやはり納得がいくはずもなく

第100回の国試のように10問以上補正問題がある事自体

国家試験を問い質すような事になりかねません。

ですからある程度学生の溜飲を下げるためにも

ある種合法的に基礎系を臨床系と融合させて試験で問うといのは

自然な流れだと思いますし

2020年度からの試験の導入という事みたいですが

むしろ遅すぎたのではないかと思います。



ただ問題作成側は大変だと思うんですよね。

国家試験の問題を作るにあたって一番重要な事は

いかに良問を作るかという事以上に

いかに合格者の人数が読めるような難易度を設定できるかと思うんです。

するとこれまで専門的な分野で難易度の調節を図る事は

従来の蓄積した傾向で、ある程度は可能。

極端な話99回以降の様に基礎系を極端に難しくしてしまえば

後から拾い上げれば済む話でした。

しかし臨床に絡めるというのは1つの専門だけでは問題作成できず

これまでのデータの蓄積もないわけで調整する事が困難だと思うんです。



もちろん全部が全部臨床と融合するとは思いませんが

そもそもそこまでして無理やり基礎系の問題に

点数配分を設ける必要があるのか甚だ疑問な所です。


実際に99回以降の薬剤師国家試験の受験者は

臨床現場では使用頻度1%以下の分野で

足切などをくらっている人がいる事を考えると

せっかくの機会なので点数配分をゼロベースで見直しても良いと思うんですよね。

むしろ臨床に直結する所だけを理解した方が遥かに役に立つと思いますし

2018年度の入学から薬学部は6年制でなければ

国試の受験資格も与えられなくなるわけなので

臨床にどう考えても関係しない基礎系の一部は深める必要はないと思うんです。

そうなると大学の先生方から大分不満が出るでしょうけどね。



ただ実際問題、基礎系が臨床との複合問題を出されても

それを教える側は結局のところ大学側と言うよりも

予備校講師になっていくでしょうし

下手に基礎系で破天荒な問題で試験に落ちるよりも

学生からするとより役に立つ事も学べて逆に良いと思うんですよね。


それにどうせ毎年合格者の調整が入るわけなので

同じ解くなら役立つ問題を解くに越したことはないと思うんです。



この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

2020年ということは6年制が導入されて約15年目ということになりますね。確かに遅いですね…
カリキュラムは4年制+実習のまま変化なしなのでリフィル処方箋を扱えるレベルの薬剤師が育つまであと何十年かかることやら…
プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示