調剤薬局に文春砲が炸裂する日



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   




週刊現代の

「ダマされるな!医者に出されても飲み続けてはいけない薬」

から始まり各週刊誌による

医療バッシングが続いてますが

今回週刊文春はジェネリック医薬品を対象とし

「飲んではいけないジェネリック医薬品」と題して

ジェネリック批判を繰り広げています。



そこで気になって読んでみたんです、文春。


ここでジェネリック批判に関して否定も肯定もする気はありませんが

2週読んだ感想を一言で言うと

薬剤師による情報提供がさらに必要ということの再確認と

そしていち読者として

面白くない

という印象を受けました。




と言うのもジェネリックに対するネガティブな意見というのは

これまでも散々議論されてきた話であり

週刊文春なので、ひねった視点からの指摘があるのかと思いきや

従来通りのジェネリック批判。

特に「ジェネリックに代えたせいで症状が悪化しました」

という事例は何番煎じだというくらい目にしてきていますし

9月15日号の記事では

ジェネリックの原料を製造している国を見開きを使ってまで紹介。

「ジェネリックは中国産が多い」

という批判に結び付けたかったのかもしれませんが

中国はかなり少なく

インドや日本、その他の国が多いという結果。

なんとも歯切れの悪いページ処理でした。




世間の関心を見ながら

情報のリリースがうまいのが週刊誌ですが

そもそも文春によるジェネリック批判は今回が初めてではありませんし

以前はお薬手帳による批判もありました。


そして今回は昨今の医療バッシングと

国がジェネリックの推進に躍起になっているのを交えて

このタイミングで記事にしていると思うんです。



とにもかくにも

週刊現代の「飲み続けてはいけない薬」のような

「まさか自分が飲んでいる薬が!?」

という意外性を持たせつつ

使用者の多い薬をチョイスして危険を煽った現代の戦略が

ピッタリはまったものと比べると

今回のジェネリック批判を読んで

むしろ医療バッシングはネタ切れなのかなあと思ったりもします。




ただ個人的にすごく気になったのは

「ジェネリックの使用割合が高いほど診療報酬が上乗せされる」

と、ここ2回の記事にしっかり記している事です。



もし医療バッシングという観点からすれば

ジェネリックにより薬代を抑えているのに

診療報酬が上乗せされているのはおかしい

なんていう批判も起こっても不思議ではないと思うんです。


そしてそれに端を発して

診療報酬が上乗せされているのは病院よりもむしろ調剤薬局。

そして調剤薬局はこんなに儲けている。

システム的に院内処方の方がこんなにも安い。

といった構図は非常に叩きやすい対象だと思うんですよねえ。


おそらく今の医療業界の中で弁護する人がゼロのフィールドで

調剤薬局ほど叩きやすくネタに困らないものはないでしょうし

ネタが枯渇気味の文春に目をつけられる可能性も

そこまで低くなかったりするのではないかと思うんです。



そしてタイミング的には今の医療バッシングの渦中。

もしくは

可能性はかなり低いですが

診療報酬の議論が起こる来年の後半あたりに

ひょっとすれば調剤薬局に向けた

文春砲が炸裂するかもしれません。

実際にお薬手帳の記事は

診療報酬改定の前の年の10月ごろでしたし。



おまけに朝日新聞あたりも乗っかってきたら

結構大変なことになると思うんですよね。



ただ週刊現代に抗議した医師会や

昨年のジェネリック批判に対して抗議した

ジェネリック医薬品協議会などのように

薬剤師会が頑張ってくれるかと言えば

「不愉快を通り越して嫌悪感に近い」

と言うような感想を述べるだけで

終わりそうな気がしないでもないのが

一番に恐ろしいです。



この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示