自分ならクオール薬局の実習でもいい!?



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   






東京理科大がクオール薬局の実習の辞退を受けて

ちらほらある意見を目にします。

自分ならばクオール薬局で実習でも構わない
むしろ現場できれいな面ばかりをみるのはどうかと思う

という意見です。


そして自分は

クオール薬局の実習を辞退した東京理科大薬学部にあっぱれ! 

と言う記事を書きましたが

正直、上に挙げた様な意見に同意します。



現場のきれいな部分だけを学ぶのが実習ではないと思いますし

過度に学生を責める必要は全くないと考えますが

現場で起きている様々な理不尽な部分も含めて実習だと思っています。

それに学生側も年齢的に20歳を超えているわけで

現場がクリーンな部分しかないと信じている人なんて少数派でしょうし

下手にあらゆる面で平等を叫ぶ必要はないと思います。





でもね、これって個人の意見としては良いとしても

学生を守る立場である学校などは口が裂けても言ってはいけないと思うんです。




そして自分の学校内で完結するならば100歩譲って良いとしても

学校の手を離れる場での出来事になるわけで

それを学びの機会だからと割り切るのは

それこそ学校失格です




今回の件を受けて

個人的にはクオール薬局の実習を辞退した

東京理科大に関しては英断だと思っていますが

逆にそうでない大学に対してとやかく言うつもりはありません。

それは各大学が実習を辞退する場合

本当に諸々な事を協議して判断するものになるでしょうし

現場の薬剤師の中にも理科大を支持する意見もあれば

「実習辞退はやりすぎ」と言う意見も当然あると思います。


しかし実際に東京理科大の判断は他の大学にも波及し

次々とクオール薬局への実習を取りやめる大学が出てきているそうです。

それらの大学がどういう本心でクオールへの実習を辞退したのか分かりません。

しかし基本的に実習の受け入れ先と実習生のアンバランスが大きくなるほど

実習先と学生の立場は拡大し

明らかに学生及び学校の方が立場が弱い状態です。

しかし今回クオールほどの大手に対して

大学側がNOを突きつけたのは自分の知る限り初のことです。

それでもなお

「怖いもの見たさで自分なら実習に行っても良い」

と言う意見は自分が100%実習しない立場からの発言であり

クオールに就職したい理科大の薬学生が言うのであればまだしも

それは薬学生を守る立場

今の薬局業界に対する大学の主張を

完全に無視した発言でしかありません。




「クオール全体が悪い訳ではなく現場の薬剤師は頑張っている」

と言う意見も今回の実習辞退の側面から言えばかなりズレています。


そりゃあ山形のクオール薬局の店舗で起きた不正で

では九州のクオール薬局の店舗にも問題があるかと言えば

そんな事はまずないでしょう。

仮に組織的に不正があるのであれば

今回の件が発覚した直後の号令により

内部は自浄作用が働いていて実習の場としてはむしろ良くなったはずです。

そしてそんな事は誰もが言われなくても分かっていますよね。

大学側が伝えたいのはそんな視野の狭い事ではありません。

それならば不正が起きた店舗のみで実習辞退にすれば十分ですからね。





未だに何の音沙汰もないクオール薬局ですが

いずれにしても今回の件で実習に来る学生が減るという事は

新卒の学生の確保にダイレクトに影響を与える事になりますし

来年の新卒薬剤師の争奪戦において

かなりのビハインドを背負う事になるでしょう。

すると誰も制裁を与える事が出来ない中で

まさかの大学側が主導権を握ることになりました。


やっぱり東京理科大薬学部はあっぱれとしか言いようがありません。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

すべての薬局がOTCを配置して売る必要はないと思う理由



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   

昨今、薬局に対し

どうにかしてOTCを配置させようとする動きがありますが

正直薬局がOTCを置いて売るのはかなり手遅れだと思うんです。

それは別に

先日Amazonが第1類医薬品の取り扱いを始めたからではありません。







そもそもAmazonは2類以下の医薬品をすでに販売しており

確かにロキソニンやリアップがネットで購入しやすくなりましたが

個人的にはどうしてそんなに話題になるのかはっきり言って疑問でした。

しかしやはりAmazonに1類医薬品が発売されることで

流通のインフラとしてほとんどのOTCが乗っかった面や

Amazonを利用していたけど薬は買ったことがない人にとっても

門戸を開く事に繋がったからではないでしょうか。

さらにはAmazonが1類を発売した事は

他のドラッグストア業界にも大きな影響を及ぼすでしょうから

これまで以上に

ネット販売のOTC市場が活性化する事になると思います。




OTCに関してネットの欠点と言えば

「すぐに手に入らない」というデメリットがありますが

現在かなり多くの業種がOTCを販売し始めています。

コンビニと提携し24時間営業の店を始め

家電量販店やホームセンターでの薬を取り扱い。

そしてドラッグストア自体の店舗数拡大と

もはや生活圏にOTCを販売する場はかなり広がっています。

薬剤師がいないOTC取り扱い店でも

今現在1類でないと緊急的に対応できない薬と言うのも少なく

2類以下でも代えがきくものが多いですし

リアル店舗においてもOTC供給はカバーされつつあると言えます。

それに消費者はお金にシビアですから

価格で勝負できない、OTCの概念がない薬局において

薬局に消費者を誘導するのはかなり困難だと思うんです。



ですが薬局はOTCに関与しなくていいと言う話しではありません。

むしろ今後OTCの役割を考えると

薬局にとっても必須である事は間違いありませんから

常に関わる必要があると思うんです。


ですから薬局はOTCを売るのではなく

OTCに関する情報を提供する場に特化すれば良いと思います。



例えるなら家電量販店に行ってスタッフに話しだけ聞いて

家に帰ってネットの最安値で購入する様なものです。

薬局はOTCのコンサルだけを行い

最悪Amazonや最寄りのドラッグストアでの購入を勧めてもいいと思います。


患者さんの立場からしても

今の玉石混交のネット上の情報だけでOTCを買うよりも安全でしょうし

かかりつけ薬剤師で余計にお金を払っているのであれば

そのくらいの権利はあると思います。


しかし薬局が

「OTCの相談に乗るけど薬はないよ」

と言うのもあんまりなので

単科門前には決められたOTCだけを常備していたり

もしくは地域に1つ

OTCの物流センターの様な薬局を作れば良いと思います。

例えば薬剤師会のモデル事業として

健康サポートと絡めたOTCの豊富な面の薬局を作ってもいいでしょう。

(薬剤師会の幹部が未だに門前にだけ出店しているのであれば
1店舗くらいその役割をかっても良いと思います)

事前にその薬局と個々の薬局が提携し

もし患者さんがOTCを求めにやってきたら

その薬局からOTCを必要なだけ取り寄せる様な仕組みがあれば十分だと思うんです。

1つの薬局にOTCを集約することで不良在庫も抱えなくて済みます。

(何だか規制的なものがありそうですが・・)


それなら例えドラッグストアが閉まった夜間でも

患者さんはまずは自分のかかりつけ薬局に連絡し相談の後

適切なOTCをいつでも提供する事が可能です。

必要があれば受診勧奨を勧めましょう。




すると薬局はOTCを売る場でもありますし

なにより薬の相談を行える場として認知されるのではないでしょうか。



しかし「認知される」と言っても

爆発的に薬局での購入や相談が増える事はないと思います。

つまるところ

「薬局も1つの選択肢」

として存在するレベルで十分ではないでしょうか。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

日薬副会長が門前に新店舗を出店した事について



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   

栃木県で調剤薬局を展開し、日本薬剤師会の森昌平副会長が社長を務める「かみや薬局」(佐野市)は、佐野厚生総合病院(同市)の院外処方箋発行を機に門前薬局の新店舗を出店した。
日薬幹部が門前に新店舗、同業者から苦言  日薬主張と「真逆」、森副会長は「かかりつけ発揮できる」



日本薬剤師会副会長及び

栃木県薬剤師会副会長の森昌平氏が

門前薬局に新店舗を出店し批難を浴びているニュースです。


批難の理由としては

調剤チェーンの門前展開を批判してきた日薬の主張と「真逆」

というのがメインみたいですが

最初このニュースを見た時の印象は

「門前薬局への薬剤師会幹部の出店はそんなに悪い事なのだろうか」

と少し疑問に思いました。

と言うのも確かに批難は正論であり

薬剤師会の副会長の立場もあるため理由も分かるんですが

一般的な新規出店は門前の方が未だに多いはずですし

日薬幹部=門前NG

とするのは何だか可哀そうだと

個人的には珍しく薬剤師会擁護の意見でした。



ただあまりにも違和感を感じたので

森昌平副会長が代表を務める

「かみや薬局」について調べてみました。

するとまあ批難されて当然だと思う点が多々ありましたので紹介します。



まず2015年の敷地内薬局が世に出る前の議論の段階で

薬剤師会としては敷地内薬局解禁、いわゆる規制改革に反対の立場を取っていました。

その規制改革会議の場で森昌平氏はこう発言しています。


「患者を全人的に管理する時に、マンツーマンのかんけいではなく、幅広い医療機関、面分業をすすめることが国民のためではないか」


しかし森昌平氏の経営するかみや薬局ですが

見事に全て病院・クリニックの門前薬局です。

今回新店舗して批難を浴びた店舗も当然門前薬局。


まあ100歩譲って会社の設立は1991年。

面分業が言われ始めたのがここ数年ですから

門前中心の薬局になるのも分かりますが

それでよく

「面分業をすすめることが国民のためではないか」

なんて発言できるものです。



また2009年の話しになりますが

森氏は公的病院の移転の際に門前薬局誘致に名乗りを挙げます。

その額なんと月額367万5千円。

最高落札額で入札されました。

しかしかみや薬局は異例のキャンセルをし、結果出店を諦めました。

当時はもちろん敷地内薬局なんてものは認められていませんが

今ならば間違いなく敷地内薬局の誘致の案件でしょう。

そして当然と言えば当然ですが

当時の議員からはこの様な質問が飛び出していました。

「現在の足利赤十字病院の院外処方箋の数と進出を予定している薬局の数から単純に考えますと、仮に7軒も薬局ができるとなれば、周辺の薬局は何軒かはつぶれることは明らか」

「調剤薬局を行政の手にて設置する事業を行うということは、断じてあるべきものではないと考えている」

この声が当時の森昌平氏には届かなかったのか

ギリギリになって届いての辞退なのか分かりません。


なんと家賃収入1億2千万円余!競馬場跡地への調剤薬局設置



今回かみや薬局が出店するのは

佐野厚生総合病院という病院で

2017年の4月3日から院外処方を開始する病院です。

病床は500床を越える病院となります。

そしてかみや薬局は道路を渡らなくて済むかなりの好立地に

事前に場所を抑えていたそうです。

(そして近くにある別の門前が日本調剤と言う・・・)



結局何が言いたいのかと言いますと

かみや薬局は昔から今にかけても

かなり門前薬局志向であるのは間違いないでしょう。


しかしそれは別に構わないと思っています。

ただ問題なのは

個々の薬局・薬剤師を守るための薬剤師会のはずなのに

薬剤師会と言う大きな母体では偉そうな発言をしつつ

自分に一番近い地元の薬剤師及び会員の気持ちも汲み取れないのが

まさに今の薬剤師会の縮図そのものを映している様な気がするんです。






「今回の出店は処方箋枚数を追い求めるものではないと釈明。設備面などの充実も図った上でかかりつけ機能も発揮し、地域や患者に貢献していく姿勢を示す」

これは森氏の今回の薬局開局の際の発言ですが

もはや大手チェーンと区別がつかないような発言です。

地元の薬局からしても県の代表としても許しがたい事でしょう。



ですから嫌味ではなく

森昌平氏は薬剤師会を辞めればいいと思うんです。

少なくとも副会長と言う肩書は名乗るべきではありません。


「私は面分業なんて儲からないからやらない。門前で生きていく」


と言って自由にやればいいと思います。

今回

「言動の不一致だ」

と批難されていますが、発言自体医師会の顔色をうかがいつつ

当たり障りのないことしか発言しないのに

その発言すらもブーメランなんて洒落になりません。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示