沖縄県に本当に薬学部を創る意味があるのか?



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   




沖縄県では、人口10万人当たりの薬剤師数は全国最低であり(全国平均181人に対し134人)、本島北部地域や離島においてはさらに輪をかけて少ない。そのような状況の中、沖縄県薬剤師会は、琉球大学を最優先とした沖縄県内の国公立大学における薬学部(科)の創設に向けて、署名活動を行っている。
沖縄県内の国公立大学に薬学部を


沖縄県で薬学部新設の話しが進んでいるそうです。

理由は言わずもがな薬剤師不足によるものとされています。


確かに沖縄県は人口10万人あたりの薬剤師数が全国最下位

全国平均の181人(2016年時点)を下回り134人となっています。

これを見ると沖縄県にも薬学部が必要な感じがしてきます。


ただ10年前の2008年における沖縄の

人口10万人あたりの薬剤師数を見てみると

113.7人となっており

この10年間で約20人ほど増えてきています。



そもそも正直な話

人口あたりの薬剤師数が平均より下だからと言って

この「平均」を指標にする意味がよくわかりません。

平均以下イコール薬学部を作らないといけない

と言うのはめちゃくちゃな理論です。




ただ確かに沖縄県では体感的に薬剤師は足りてないと思います。


その理由はなぜか?


現在、全国的に見て過去10年から現在まで

医療機関(病院やクリニック)に勤務する薬剤師の数はほぼ横ばいです。

⇒厚労省HPより

これは沖縄県も例外ではないでしょう。

そして横ばいな医療機関に勤務する薬剤師とは違って

劇的に増えているのが薬局に勤務する薬剤師の数になります。


ここ10年でも約5万人の薬局薬剤師が増えています。

そして沖縄県の薬局数は全国を見てももっと少ない県が沢山あります。




つまり

ここ10年間は沖縄県の人口当たりの薬剤師は増えている。

ただ人口10万人あたりの薬剤師数は日本一少ないのに

薬局の数はそこそこ多い。

これならば薬剤師不足と言われている・感じる原因は

調剤薬局が増え過ぎているから

と言っても過言ではありません。


でも思うんですが

薬剤師不足で見るべき大切な事は

人口10万人あたりの薬剤師数ではなく

薬局数が適正か否かを吟味する事ではないでしょうか。

そして個人的には

確かに医薬分業は大切かもしれませんが

薬剤師が不足するくらい箱を作ってしまい

その結果それを薬剤師不足だと叫ぶのはお門違いだと思うんです。


おそらく10年前も

「薬剤師不足だ」と叫んでいたことでしょうが

足りない中で薬局を増やせばさらに薬剤師不足になるのは当たり前の話しです。





それに沖縄県薬剤師会会長は

「かかりつけ薬剤師が地域で活躍すれば、病気を防いで医療費を抑えられる。超高齢社会を迎えると、役割はますます大きくなる」


と言っていますが

そもそもかかりつけ薬剤師が普及すれば

将来的な薬剤師の数を増やす必要はないでしょう。


つまり沖縄県に薬学部を創る以前に

薬剤師がもっと必要なのか?という点が正直疑問です。



ただ初めに断っておきたいのですが

沖縄県の薬学部新設に対して断固否定派ではありません。


沖縄県は立地的にも他の地域とは異なり

高齢化も他の都道府県と比較して高く

一概に薬剤師が必要か否かと言われれば正直分かりません。

今回は薬剤師会だけでなく医師会や看護協会や歯科医師会も関与していることから

現状は深刻なのかもしれません。



ただ、仮に沖縄県に薬剤師がもっと必要だとしても

薬学部を新設する事によって薬剤師不足は解消するんでしょうか?


何だかんだ言われても

薬学部は6年制になった今でも人気学部です。

特に国公立大の薬学部の人気はかなり高く

その一方で私立薬学部の人気は低迷しています。

その理由がやはり学費です。

私立薬学部が6年で約1200万円なのに対し

国公立大の薬学部の学費は3分の1以下になるとすれば

多くの学生は国公立大を目指すのは自然な事でしょう。

すると沖縄県に薬学部ができたとして

結局全国から学生が殺到し

「研究機関」としては優秀な学生が集まるかもしれませんが

そもそも薬剤師不足に貢献はしません。

薬剤師免許を取得した一部の学生は沖縄に残るかもしれませんが

それがどれだけ薬剤師不足に影響があるか分かりません。




ですからもし沖縄県に薬学部を新設するならば

学費は毎年200万円前後

そして沖縄県の学生は卒業後も数年は沖縄で働くことを条件に

学費を50~100万円ディスカウントすればいいと思います。

そうして地元の学生しか行かないような私立の大学を創るべきです。




ただ人口10万人あたりの薬剤師数が一番少ない県が沖縄ですが

ワースト2位だった青森県に至っては

薬学部を新設してもワースト2位であり

おまけに青森大学薬学部は定員割れを起こしていますので

それも得策とは言えないでしょう。






そもそも思うんですが

薬学部を新設して薬剤師が増えれば

薬剤師の貢献によって結果ハッピー

のように言われますが

ハッピーなのは人件費の高騰に悩まなくて済む経営者だけです。

結果的には

より多くの利益が得られそうな立地に出店する店舗が増えるだけでしょう。



果たしてこれ以上の薬学部の新設は

本当に必要なんでしょうか?



この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

薬剤師に向かない人。目指すべきではない人。



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   




M-1グランプリという漫才のコンテストがあります。

企画したのは今や表舞台から姿を消した島田紳助です。


彼がなぜM-1グランプリなるものを作ろうと思ったのかと言うと

単純に面白いコンビを決めたいからという理由があるのですが

もう1つ大きな理由として

「才能のない人に辞めさせるきっかけを作る事」

だったと言っています。

10年やってM-1の2回戦を超えられない場合は何年続けても無駄だと。

そして逆に言えば10年は必至でベストを尽くして臨んでもらいたい。

という意味があったそうなんですね。

ですからM-1の出場条件に結成10年目以内という制約を設けたらいしいんです。





確かに諦めるきっかけというのは

当事者や当事者の周りの人からするとなかなか決断が難しいもので

そのモノサシというのは必要だと思います。


そしてふと今の時代に

薬剤師を目指すべきではない人はいるのかと考えた所

真っ先にひとつ浮かびました。



それは、だれでも入れる薬学部だからこそ

誰でも入れるような薬学部しか受からない学力の人は

薬剤師を目指すべきではないと思うんです。





まず金銭的な面から言えば

最短で6年制で平均1200万円程度かかります。

もし通学出ない場合はさらに生活費が必要になります。

おまけに留年すればさらに200万円の上乗せ。

国試浪人では学費100万円くらいの上乗せ。

さらに誕生日を1回迎える事になります。



2018年度から薬剤師になるには

必ず6年制を選択する必要性が出てくるので

学歴ロンダリングも難しく

途中で製薬メーカーや研究職につく選択肢はほぼゼロ。



そして問題点として

薬剤師なんてはっきり言ってほぼ絶対になれるという点です。


これがM-1だったり司法試験ならば

おそらく途中で

「自分にはどうあがいても無理だ」

と気付けるはずです。

しかし薬剤師国家試験は

確かに難化してきてはいますが絶対に合格できない試験ではありません。

むしろ予備校に通っていればいつかはほぼ絶対受かるでしょう。

つまり

「手が届きそう」であるがゆえに

途中で辞める事はできないんですね。

そもそも、その時点でかなりのお金を投資している事にもなりますし。



それに今の時代

大学側も合格率に拘って

何のためらいもなく留年させたり卒業延期などを行ったりしています。


偏差値30台も60台も

目指すゴールは一緒なので

最終的に同じフィールドに立たなければなりませんから

当然と言えば当然です。


「高校時代は勉強が全然できなかった」
「だけど薬学部に入ってからは本気で頑張る」

という人もいるでしょうが

高校時代に本気できなかった事が

大学生になって急にできるようになるはずがありません。

高校生より大学生の方がはるかに誘惑が多いですからね。

さらに周りは似た学力の生徒ばかりになりますから

仮に学校内で成績が上位の方でも

一番大切な「危機感」を奪う事に繋がりかねません。



ですから大学入試の段階で

与えらえた問題に対して

正しい答えを示す事ができない人は

とても苦労する事になります。

もちろん薬剤師になってからも。



結局何が言いたいのかと言えば

そもそも本気で薬剤師になりたいのであれば

高校生の段階でしっかり勉強をして結果を残す習慣をつけ

最低でも薬剤師になるにはどれほどのお金がかかるか

くらいはしっかり調べてから

学校の先生ではなく両親に進路相談すべきなんです。




そして安易に

「薬剤師になりたいという気持ち」

だけでは

誰でも薬学部に入れる時代だからこそ

むしろ薬剤師を目指さない方が良いと思うんです。




中には本当に薬に携わりたいが

「どうも年間200万の学費は厳しそうだ」
「でも国公立も私立の特待生も厳しい」

と言う人は登録販売者を目指しましょう。

その方がより薬と人と接する事ができるかもしれません。




余談ですが

「薬剤師に向いている人」

の中で未だに

化学が得意な人

と言っている人がいますが

もはや英語が読める人の方が重要な気がします。



この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

薬学部をコスパで考える前の大前提!



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   




医学教育アカデミー(埼玉県川越市)の薬剤師国家試験対策予備校「薬学ゼミナール」学長の木暮喜久子氏は、「定員を満たしていている大学の中にも、無試験に近い状態で相当無理をして学生を集めているところがある」と明かす。偏差値が30台の大学も珍しくない。
「4年次に薬学共用試験を受けられず5年次に進級できない学生が全国に1000人、6年次に進級したが卒業できない学生が2000人はいる」と木暮氏は説明する。

薬剤師になれない学生が急増



薬学部に6年間通って

しかも私立薬学部ならば年間200万円前後の学費を払い

その結果

「得られる給料が400万や500万円は少ない」

つまり

コスパが悪い

などと言われていますが

それはあくまでストレートで薬学部を卒業し

国家試験に合格した場合の話し。


ストレートで受かった学生は全体の6~7割という事なので

全国の薬学部の偏差値の下位10校くらいは

5割以下ではないでしょうか。

そうなると大学によっては

薬剤師国家試験に受かるまでに

7~8年かかる事になり

学費や予備校代も考えるとかなりの金額になります。

コスパを語る以前に親の経済力が試されます。



まあコスパコスパ言っていますが

あくまでも学生本人が納めた学費で

大学に行くわけではないでしょうから

学生からすればコスパも何もない話しで

一方親にとっても

正社員の平均年収が400万前半の時代において

親も子供が(今の所は)安定している職業に就けるのであれば

単純に学費とリターン(給料)だけで考えるというわけでもないのでしょう。



ただ薬学部に入れば

エスカレーター式に6年間で薬剤師になれるという考えで

余分に時間とお金がかかる事を想定していない親って結構いると思うんです。

本当は入学時の学力を考えたら

どう考えても6年間で卒業&国試合格は厳しいと言う事実があってもです。



最近は親が子供に望む職業で薬剤師も出てきていますが

それは単に薬剤師の仕事が素晴らしいからではなく

薬剤師が安定していると思われているからで

もし子供が真に受けて

「薬剤師になりたい」と言いだしてしまったら

小さい頃ならばいいですけど

年齢と学力によっては本気で困ると思うんですよね。


そしてもし仮に私立薬学部に入学して

下手に5年次ぐらいまで進んでしまったならば

もはや後には引けない状況。

進も地獄、退くも地獄。


他の学部であれば卒業している年齢ですし

学費も1000万円くらい使ってしまって

結果私立薬学部中退なんて洒落になりません。


私立薬学部に進むには

お金、学力、退路はない、最短が6年

という事を考えておく必要があるでしょう。


子供をある程度信用していたとしてもです。



一方それとは裏腹に

薬剤師になれない薬学部が増えて潤うのが

薬剤師国家試験予備校です。


司法試験とは異なり

薬剤師国家試験は受験資格さえもらえれば

いつまででも受験する事ができます。


しかし独学の薬剤師国家試験勉強ではおそらく合格は難しく

多くの人が予備校の授業を受ける事になるでしょう。


実際に101回の国試では既卒の受験者が6000人を超えたので

全国の薬剤師国家試験予備校も大分潤っていると思います。

それに今の時代

薬剤師国家試験対策を比較的早めに始める大学も多く

対象学年が受験生だけではないのもまた予備校の強み。

おかけで昔と比較すると大分予備校の種類も増えました。




ちなみに予備校の年収と言えば

平均すると400~1000万円程度らしいです。

薬剤師の給料が場所と経験によって違うように

予備校講師も結構開きがあるみたいです。



そもそも予備校は

先生が学生をスカウトして

就職させているのかと思ったのですが

普通に募集での採用もしているみたいですね。


有名な所で言えばメディセレなんかも講師を募集しています。

→メディセレ

ちなみに初任給は28万円だそう。

そこに年3回の賞与や社長賞などの褒賞

外部講義手当や通勤手当などの諸手当が出るみたいです。

待遇はまあまあよさそうですね。


「もう薬剤師の仕事にはうんざりだ」

という現場の薬剤師の方や

絶賛国家試験の勉強中だけど

薬剤師という仕事に魅力を全く感じない人は

ぜひ一度チャレンジしてみるのもアリかもしれません。


そして退社後はユーチューバーになりましょう。


と言うのも予備校によっては教室での授業ではなく

オンラインの授業がありますが値段がかなり高いんです。

薬ゼミのオンラインなんて9月からのコースで43万もしますからね。

需要はなくはない・・・かも。


この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示