お薬手帳よりもまず逃げろ

お薬手帳の有用性は理解しているつもりですが

災害時にお薬手帳を持ち出すには限界があるなあと思いました。


だってきっとそれどころじゃないはずですもん。




「30分後に避難するんで荷物まとめてくださーい」

という状況ならばいざ知らず。

急に避難するほどの災害時では

直観的なものしか持っていかないでしょう。

せいぜい

・避難袋
・財布
・携帯やスマホ

これぐらいしかとっさに持ち出すことはできないと思います。

もしあれがこれがと悩むひまがあるならば

早く避難してください。

お薬手帳があって災害時助かったというのは結果論。

まずは生きることが最優先。

お薬手帳を探すことは二の次にしましょう。

お薬手帳を取りに帰るなんてもってのほかです。





九州のみなさん。

まだ余震があったりする可能性も十分にあるので

今のうちからお薬手帳を置く場所を決めていたり

常に持ち運ぶバッグに入れておくなりしておきましょう。

服用中の薬がある方は服用分だけ手元に置いて

それ以外は避難袋に入れておきましょう。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

お薬手帳を持ってこないのは仕組みが悪い。諦めよう。


14071835.jpg



マイナビニュースでは今回、読者会員に対して薬に関する調査を実施した。今回の調査は、2016年3月25日から3月29日の5日間、全国の男女474名を対象に行った。
お薬手帳の活用度について聞いたところ、「お薬手帳を持っているが、あまり使っていない」が35.2%で最も多かった。

6割超えお薬手帳の所有率でも、活用層は全体の約3割に留まる


ざっくり要約すると

お薬手帳をしっかり活用しているのは3割で

その他は十分な活用がされていないという結果です。




手帳を持ってない理由の回答で

「薬を併用することがないから」

という意見があり

やはり

端から必要ないと考えている人に

「必要でなくても持っておくべき」ということを伝えるのは難しいものがあるでしょう。

だいたい

「お薬手帳を持っているが、あまり使っていない」

が35.2%で最多みたいですが

使うのは患者さんじゃなくて薬剤師ですからね。

あまり使ってないってどういうことですか。

その時点で調査する側にも

お薬手帳が何かということが伝わっていない気がします。










今回のこの調査。

もちろんお薬手帳を常に持っている人もいて

「薬剤師がアドバイスをくれるから」

という何とも良い活用をしている人もいます。

しかし手帳を積極的に利用している人よりも

積極的に使用しない人の意見はホント様々。

特に

「面倒だから」

と答えた人の意見。これがすごくリアルに思えます。





患者さん自身は

「お薬手帳は忘れても仕方ない」

と思っている一方で

「またこの患者さんお薬手帳忘れてる」

くらいで終わっている薬剤師もいるでしょう。

それはそれで問題ですが

上にも書いた通り、もはや「お薬手帳の意義」的なもので

手帳の持参を訴えるのは限界にきているのかもしれません。



これはやっぱりお薬手帳の形自体が良くないと思うんですよね。

どう考えても。



そもそも病院ですら財布に収まる診察券と保険証で済むのに

薬局だけ明らかに規格オーバー。

もう薬局版の診察券みたいにICカードにして

配ってしまえばかなり解決すると思うんですがどうでしょう。

そして今度はスタート時点から徹底しましょう。ICカードの大切さを。

スマホでもいいですが。




患者さんにとってもメリットがあり

薬剤師にとっても必要なお薬手帳。

これを患者さんの主観的な意見や几帳面さだけに求めるのは

終わりにしましょう。





ということで

予算は薬剤師会でどうにかしてください(適当)。





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

薬局が改めて知ってもらう必要があるもの

221_4_6238_0.jpg



以前

「かかりつけ薬剤師にして良かったこと」

を書いた中で

かかりつけ薬剤師が設置されたことにより

案外知られていなかった

薬の一元管理をひとつの薬局でしてもらえる

ということが広く報道されたため

結果薬の一元管理の普及に貢献できたことは良かった

という事を書きました。


しかし世の中には

薬剤師からすれば当然と思っているため

実はしっかり伝わっていないものが他にもあるのではないかと

改めて考えてみたのですが


見つけました。


ずばり


お薬手帳はどの薬局でも1つにしないと意味がない



これ、案外しっかり伝わってないと思うんですがどうでしょう。

お薬手帳何冊も持っているという人は意外といるのではないでしょうか。




同じお薬手帳を使いまわす事はできないと考えている人や

薬局側も点数を取るために毎回渡していた所もあるため
(今はさすがになくなったでしょうが)

きっとお薬手帳は各薬局それぞれ1つずつ必要と思っている人もいるはずです。


最近の報道でも

「お薬手帳を持参すればお金が安くなる」

という報道もたびたびされるので

お薬手帳を持つ傾向になっている可能性はありますが

お薬手帳の本質的な意味である

1つのお薬手帳で統一するという事は

しっかり伝わっていない可能性があります。




なのでぜひ今後

かかりつけ薬剤師についての報道がされる時は

お薬手帳を持参することに加えて

「どの薬局でも1つのお薬手帳を使う事」にも触れて欲しいと思いつつ

やはりお薬手帳自体も変わっていく必要があるのではと


つまり


お薬手帳を持ってこないのは仕組みが悪い。諦めよう。


という感じです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示