かかりつけ薬剤師は1人より複数いる方がいいと思う理由



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   



個人的には今のかかりつけ薬剤師の制度には反対です。

その理由については昨年の制度開始以前から複数回ここでも書いてきましたし

前回書いたように

薬の一元管理を推進するためという事に関しても

あまりメリットを感じず

むしろ制度を利用した利益重視に終始し

現場の薬剤師を疲弊させるだけの側面もあるからです。

薬局をアクセスや利便性で選ぶのは当たり前



ただこのかかりつけ薬剤師の制度に非を唱える人は多くても

その表向きの概念に反対する人は意外と少ないと思うんですよね。

例えば

「信頼のおける経験豊富な薬剤師がきめ細かい対応を行う」や

「体調の変化を継続的に見て指導を行う」

などのことに関してはおそらく否定的な意見よりも

むしろ肯定的な人が多いのではないでしょうか。

そして個人的には

患者さんはかかりつけ薬剤師を何人も持って然るべきだと考えます。



と言うよりもむしろかかりつけの薬剤師を1人に絞る必要性って

患者さん本人が望むのであれば別ですが

現状特にメリットはないと思うんですよね。





今のかかりつけ薬剤師制度に則るのであれば

全ての診療科の薬を把握して

さらにその疾患の背景に至るまで知識があり

おまけに信頼が得られるまでが前提にあると思うんですが

それを

「はい、やれています」

という薬剤師は一体どれだけいるのでしょうか。


それならばそれぞれの診療科に応じて

幸いにも目の前にその診療科の薬を専門に扱っている薬局があるわけなので

一概には言えませんが

薬を含めた諸々の指導はやはりその門前薬局薬剤師の方が

相対的に優れている可能性は高く

その中でかかりつけ薬剤師を選んで行けばいいと考えます。


「各々の薬局で専門性を持った信頼できるかかりつけ薬剤師を持つ」

これではダメなのでしょうか。




ただそうなると前回も書きましたが

かかりつけ薬剤師制度導入の最大の意図である

「薬の重複投与を防ぐにはどうすればいいのか?」

であったり

「かかりつけ制度のコスト増」

という問題が発生します。


ただこれも情報の共有化で解決できると思いますし

取りあえずはかかりつけ薬剤師の算定要件に

「お薬手帳必須」

というのを設けるなどで対応できると思うんです。

正直お薬手帳の有無で点数が変化するのは好ましくないと考えますが

算定要件にお薬手帳がなければ

かかりつけ薬剤師指導料を算定できない仕組みにします。

もちろんお薬手帳を忘れたらかかりつけ薬剤師指導料を算定できません。

毎回新品の手帳を渡すのは当然不可。


すると過去の診療報酬改定よろしく

「お薬手帳がない方がお得」

などの薬局側にとっては都合の悪い報道があるかもしれませんが

そもそもかかりつけ薬剤師に同意をしている方々は

「お金を多少出してもかかりつけの薬剤師になって欲しい」

という人達なので

わざとお薬手帳を忘れて値段を安くしようとはあまり思わないと思うんですよね。

それならば初めからお金の多くかかるかかりつけに同意しないと思います。




そしてかかりつけ薬剤師が複数いることのメリットは

セカンドオピニオン的な存在がいることにもなり得ます。

現状のかかりつけ薬剤師制度では1人の薬剤師が全て管理してくれるのは

メリットがある一方で

薬剤師1人の意見が「すべて」になってしまう欠点があります。

実質かかりつけになれるまで3年の実務経験が必要とされていますが

新卒後3年ならば転職経験もなく

1つの薬局しか経験がない薬剤師も決して少なくないでしょう。

もちろん経験年数が必ずしも個々の薬剤師の能力に影響するとは思えませんが

現状、算定要件を満たせばイケイケどんどんで算定し始める所もあるわけで

そこに患者さんに対する薬の全てを一任するのは

もはやデメリットでしかありません。


しかし複数かかりつけ薬剤師がいれば

診療科の垣根を越えて

「あの薬局ではこう言われたのだけれど本当なの?」

と色んな意見を聞ける事にも繋がります。




またかかりつけを複数持つと

かかりつけ薬剤師のコスト問題が挙げられますが

これは今のフリーな算定可能な条件に制限を設けて

例えば65歳以上は算定不可だったり

2か所以上の病院を受診していない時は算定不可としたり

かかりつけ薬剤師の点数を下げたりして

制度をガッチリ整える事でコスト削減は可能だと思います。


そしてそもそも患者さんが

かかりつけ薬剤師が1人でいいならば1人でもいいですしね。








ということで実現しない事を妄想していましたが

とにもかくにも

かかりつけ薬剤師の意味も理解させずに同意をとる現状がある以上

本当に意味のあるかかりつけを行う薬剤師の邪魔をしないためにも

下手に患者さんの囲い込みツールになるのはどうなのかあと思います。


まあ一番の問題はその囲い込みになり切れていない点なんですけどね。

それならば諸々考えて

複数のかかりつけ薬剤師を持った方がいいのではないかと考えます。




この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

「かかりつけ薬剤師の効果に疑問」より疑問なこと



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   




フリーライターの早川幸子さんが書いた記事

かかりつけ薬剤師の効果に疑問、薬剤費削減額の2.7倍のコスト発生

が話題になりました。

ざっくり説明すると

かかりつけ薬剤師によって削減された薬剤費は7260万円。

一方のかかりつけ薬剤師にかかるコストは2710万円。

つまりトータルで考えると4550万円のマイナスとなり

医療費削減とは言えないのではないか。

そしてそもそも残薬調整はかかりつけ薬剤師のみに課せられている業務ではなく

通常の薬剤師でも行われていることである

という主張です。


あくまでかかりつけ薬剤師においての

「残薬調整」

のみに焦点を絞った話しをしているため

一概にメリット・デメリットを語るのは難しいと思いますが

かかりつけ薬剤師を設けた意図の一丁目一番地は

まさに残薬調整・薬剤費削減になると思うので

個人的にはお金を主軸に議論をするのはアリだと考えます。



そして日本調剤は差し引きマイナスになっているとはいえ

早急にかかりつけ薬剤師の成果を金額で弾き出す点は

制度自体の見せ方が上手いと感じました。




ただ全面的に日本調剤の取り組みを支持できないのは

同業者として見る、まさにその「見せ方」にもあります。






日本調剤側はこの度

平均残薬調整額に見る「かかりつけ薬剤師」の有意差

というデータを示しています。

「かかりつけ薬剤師」効果で 薬剤費年間1億円削減へ 日本調剤「かかりつけ薬剤師」を効果検証!


これはその名の通り平均の残薬調整額を示すもので

かかりつけ薬剤師:19206円
一般薬剤師:8500円


という結果になり

かかりつけ薬剤師がより密接に患者さまの服薬管理に関わり、一元的で継続的な服薬指導を行うことで有意差が出ている

と結論付けています。



そしてさらに日本調剤は

薬局タイプ別にみる残薬調整額

というデータも示し

・門前
・医療モール
・診療所、クリニック前
・面対応

の4つの薬局タイプでどの薬局が最も残薬調整に関与できているかと言うもので

門前(166,145円)
医療モール型(80,853円)
診療所・クリニック前(51,364円)
面対応(44,188円)

と断トツに門前薬局が多く

日本調剤としては

「かかりつけ薬剤師」制度スタートにあたり、病院門前タイプの薬局に対する「かかりつけ機能」について懐疑的な内容の議論がありました(中略)。日本調剤では全店舗の7割が大病院前の門前薬局を運営しており、高単価処方が多い門前薬局ほど「かかりつけ薬剤師」による服薬指導は効果が高いと思われます。

と結論付けています。



これらを見て個人的な感想を言いますと

まず1つめのデータの

かかりつけ薬剤師or通常薬剤師による残薬調整の結果ですが

今回の記事を書いた早川幸子氏の主張の1つである

「かかりつけ薬剤師」による残薬の減額が大きいとアピールするのは、反対に高い報酬がつかなければ、積極的に残薬調整をしない薬剤師の怠慢と映りかねない。また、「かかりつけ薬剤師」を指名しないと、残薬調整してもらえないという誤解を患者に与えることにもなる。

この主張は大分エッジが効いていますが

概ね同意します。



もちろん日本を代表する調剤薬局チェーンの日本調剤さまなので

かかりつけ薬剤師の同意が得られないとしても

残薬調整のための啓発は行っていると思うのですが

それでもかかりつけと非かかりつけで2倍以上の残薬調整額の差が生じるのは

単に「患者さんに密に接することができた結果」なのか甚だ疑問です。




そして2つめのデータですが

門前薬局に減額調整額が多く

面対応はその4分の1の残薬調整額



という結果が出ていますが

そもそもかかりつけ薬剤師とは

「患者さんが複数の医療機関を受診したため生じる重複投与を防ぐ」

といった面での活用がメインだと認識していたのですが

門前が面対応の4倍の調整額というのはどうなんでしょう。

結果的に門前のかかりつけ薬剤師の必要性への疑問を

助長する結果になっている気がします。


そもそも医療モールにかかりつけ薬剤師が必要かも疑問です。





制度スタート当時から賛否両論あった

かかりつけ薬剤師ですが

最近ではその制度自体の是非以上に

かかりつけ薬剤師の同意・算定が本当に正しいと言えるのか

という点が問題視されている気がします。


今年の3月に日本調剤は

「1店舗当たりのかかりつけ薬剤師指導料の平均算定件数が月200件を突破」

とも公開されました。

そしてその時も書きましたが

1店舗でかかりつけ薬剤師の算定が月200件という数字が適切か否かは

正直判断できません。

日本調剤のかかりつけ薬剤師への意識をHPから見てみる


それにかかりつけ薬剤師によって

単なる残薬調整額では図れないものもあることでしょう。



ただ、仮にかかりつけ薬剤師の算定やその説明が不十分であったり

利益至上主義で上辺だけのものであったものが発覚した場合

結局全てがぶち壊されると思うんですよね。



薬歴未記載や付け替え問題同様に

ややこしい問題に発展しないことを願います。


この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

生活保護受給者の薬局を1か所に限定する真の目的



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   

厚生労働省は、生活保護受給者が利用する調剤薬局を1カ所に限定する検討に入った。複数の医療機関にかかって同じ薬を重複して受け取るのを防ぎ、生活保護費を節減するのが狙い。

生活保護者 調剤薬局を1カ所に限定へ 厚労省検討




この政策に賛否があり

どちらかと言えば否定的な意見が多く目につきました。

特に多く言われたことが

薬局を1つに限定する事での患者さんの利便性

を問題視するものが多かった気がします。

「生活保護受給者を1つの薬局に限定するのは大変だ」
「不便になり薬が手に入らない可能性もある」

などなど。



ただこの政策と言うのは

特段生活保護受給者に限った話ではなく

まさに今後の国としての方針と完全に一致しています。

むしろすでに国はかかりつけ薬剤師を導入し

全ての国民で同様のことをスタートしています。


しかし不思議な事に

「高齢者が薬局を1つに限定するのは不便だ」

と、かかりつけにあまり否定的な声が上がる事もなく

むしろ患者さんは高いお金を払ってでもお願いする現状です。

確かに既存のかかりつけ薬剤師の制度であれば

特に薬局を1か所に限定しなくてもペナルティがないため

大きな批難も起きないのでしょう。

やはり「強制的か自発的か」と言うのは大きな議論になる所ですよね。






話しを生活保護受給者の薬局を1か所に限定することに戻します。



そもそもこの政策は2013年からすでに東大阪市で導入され

今度は大阪市全体で施行し、いずれは全国で行う予定と言うことから

おそらく全国で導入されるのは止められないと思います。

ただやはり患者さんの利便性を失わない様に

何か例外を設けるべきだと思うんです。



例えば1つ決めた薬局に行かずに他の薬局に行く場合は

「お薬手帳を必須にすれば他の薬局でも調剤してもらえる」

でも良いと思います。

ただ今の手帳システムのままなら不正し放題なので

お薬手帳の扱いも厳格にして指定のもの1つだけ利用。
(それ以外は無効)

例えばシールで貼ると剥がされて不正される可能性があるならば

割印をシールと手帳に押すなどして対策し

服用状況をどの薬局でも共有できるようにすれば

薬の重複投与を防げるのではないでしょうか。

まあそれでも全ての不便さが解消される事はありませんし

抜け道もありますが

一番ネックであるコストも大してかかりません。

それにこの手の話しになると

生活保護受給者の不正が問題になりますが

多くの受給者は不正に無関係で

薬の重複投与に関しては自覚がない人も多いでしょうから

お薬手帳で重複がないことを証明し

その様な人の利便性を守る必要があると思います。



それにこの医療費削減案に関しては

生活保護費の医療費の中の入院費にメスを入れる事が本丸であり

外来調剤の重複投与を削減しても

根本的な解決には繋がらないでしょう。




ただ思うんです。

厚労省がこの様な政策を行うことでの

メリットとデメリットは正直全く釣り合っていると思えません。

最初にも書きましたが

強制的か否かと言うのは大問題になりますし

薬の転売などには一定の効果はありそうですが

生活保護者の医療費削減に大きく貢献するとも言い難いでしょう。


しかしそれでもあえて今回この政策を進める理由としては

やはり将来的に全国民の薬局を1つに選定させ

医療費削減を目指すための


貴重なデータ収集


なのではないのかと

むしろそのための今回の政策の導入なのではと

邪推してしまいます。


この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク

4

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
時給4000円以上ならココ
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示