OTC薬販売調査公表でネット販売に問題アリ





毎年行われているOTC薬の販売調査の結果がでました。
平成28年度医薬品販売制度実態把握調査結果について



毎年適正なOTCの販売がなされていないため

今年も調査結果も決して「良」という訳ではないんですが

まあ通常運転で可もなく不可もなくといった感じでしょうか。
(一番ダメな思考回路です)

そしてそんな中でも調査結果に関して気になった点がありました。

ひとつはDIオンラインの記事です。

第1類医薬品のインターネット販売については、ほとんどの項目で改善傾向にあった。しかし「薬剤師により情報提供が行われた」項目については、前々回90.9%、前回82.0%、今回69.8%と年々低下を続けている
医薬品販売の実態調査結果が公表


記事の中には以上のように書かれています。

ただこれだけ見るとあたかも

情報提供を行った薬剤師は約7割しかいない

とミスリードされがちですが実際は

薬剤師 69.8%
登録販売者 0.0%
その他・わからなかった 30.2%


となっていますので

・最低でも7割は薬剤師が第1類の情報提供を行ったことが確認できた
・ただし残りの3割は誰が情報提供を行ったか確認できなかった

ということになります。

第1類の販売ルールが遵守されていないのは事実ですが

一概に7割しかルールが守られていない訳ではなさそうです。


しかしこれ以外にも

第1類医薬品販売時の相談に対し回答があったかどうか

という調査がありましたが、それに回答した人が

薬剤師 70.1%
登録販売者 0.0%
その他・ わからなかった 29.9%


というこちらも

「その他・わからなかった」という結果が3割も出ている点です。


はっきり言って

「その他・ わからなかった」

という結果がこれだけ多い・むしろ例年より悪化していることは

かなり問題だと思います。


この調査は店頭での販売ではなく

インターネットでのOTC販売の調査結果になりますので

このご時世インターネットでの第1類の販売に関して

本当に専門家(薬剤師)が対応しているのかを担保することなど造作もないと思います。


しかし現時点で「その他・わからなかった」

とカテゴライズされるものが3割もある事は

何か確信犯的なものを邪推してしまいます。

DIオンラインの書き方も強ちミスリードではないかもと感じます。




それにしても医薬品販売のネット販売は対応が本当に追いついているのでしょうか。





この時代において

医薬品のネット販売のシェアが右肩下がりになる可能性は相当低い一方で

今や店舗販売のドラッグストアですらネット販売に参入し

今年になってAmazonも第1類の販売を開始したりなど

医薬品のネット販売のシェアは確実に伸びていくでしょう。

ではそんな時代において

医薬品のネット販売における販売ルールは遵守されないままであると

いつか足元を救われる気がするんですよね。

そして足元を救われるのはネット販売を行う企業だけでなく

先の緊急避妊薬の時の様に

「薬剤師による医薬品販売ルールが守られない現状がある以上、様々な医療用医薬品のスイッチ化には反対」

と言うような議論に発展する可能性もあるでしょう。









厚労省は

「引き続き各自治体などと連携し、事業者に対する実態確認、改善指導を行うとともに、関係団体に制度の遵守徹底を依頼し、販売制度の定着に取り組む」

としていますが

この文言は例年の使い回しです。


厚労省自体も本心では

可もなく不可もなくの評価の印象を受けます。


なんだかOTC薬の販売調査に関しては

これまでの感じで形骸化していく気がします。

来年も似た様な結果になることでしょう。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

カオスなOTC薬の現状について





今後OTCの活用がさらに重要視され

薬局でもセルフメディケーションの推進が話題(?)

になっていますが

それでも依然としてパッとしない理由のひとつに

扱うOTCにも問題があると思うんです。


今回は少し気になった事を挙げていきます。




まずボチボチ風邪の時期を迎えますが

市販の風邪薬は承知の通り総合風邪薬として

感冒症状すべてを網羅している成分で構成されているものが多いです。

アセトアミノフェンを始めエフェドリンやコデイン

クロルフェニラミンやトランサミンなどを配合。

確かに広く効くとは言えますが

はっきり言って風邪と一括りにし

OTCを選択する事に抵抗がある薬剤師の方も多いのではないでしょうか。


特に「眠気が出たら困る」という縛りになると

市販の総合風邪薬ではほとんど選択肢が無くなってしまいます。


またこれらは胃薬にも顕著で

制酸剤や消化剤、健胃生薬などを複数配合し

1つの薬で胃の症状全般に対応できるようになっているものも多いです。

中にはロートエキスが配合されているものも多いので

抗コリン作用への配慮も必要になってきます。



また適応の面でも医療用と異なるOTCも多いです。

例えばアレグラのOTC薬であるアレグラFXの適応は

花粉やハウスダストなどによる鼻のアレルギー症状の緩和という事で

皮膚疾患などの適応は取れていない状態にあります。



また、販売ルールに関しても

セルフメディケーションとの親和性が高いスイッチ薬

例えばエパデールTやセレキノンSなどは

医療機関の受診が必須条件下とされている一方

ウルソは肝機能を全く謳う事なく

「タナベ胃腸薬ウルソ」

として1錠に50mgのウルソデオキシコール酸を配合し

1日1回の服用で胃もたれ解消の胃薬として発売されたりもしています。

しかも第3類医薬品で。



おまけにそれらを販売する登録販売者の受験資格は学歴年齢不問と

すでにOTCの市場はカオスな状況になっているんです。



個人的にはOTCの活用やセルフメディケーションは肯定派なので

「これらの仕組みをゼロベースで見直すべきだ」

などと言うつもりはありませんし

「効いたよね、早めのパブロン」のCMで

パブロンが売れる現状があるというのは

それが世論なのかもしれないですけどね。


ただそれでもやはり

今のOTC自体に違和感を感じてしまいます。




まあ、そうは言ってもあるもので対応していくしかないわけですが

何も

「薬局でインスリンの注射販売を!!」

なんて言うつもりはないので

セルフメディケーションを広げるために

もう少しだけ足場を良くして欲しいと思うんです。



そして

「ニーズに応えたものをスイッチしている」

というポーズをとって

一向にスイッチ化が進まない現状が続くのであれば

「薬局医薬品」

を設定して販売しても良いと個人的には考えます。




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

セルフメディケーションを担う主役は薬剤師ではない説




セルフメディケーションが重要視されてきている昨今ですが

OTCの活用は切っても切り離せないものになっています。


そして薬局の薬剤師も少しずつOTCへの関心が高まり

やっと重い腰を上げて取り組もうとしていますが

もはやOTC販売の主役は薬剤師ではないんですね。




2014年の統計によると

薬剤師の医薬品販売業に従事する人数は約13万人。
(医薬品の店舗販売業、配置販売業、卸売販売業に従事する者)

そして登録販売者の合格者数が2014年の段階で約15万人に上るそうです。


もちろん薬剤師は薬局でもOTCを扱っている事もあり

一方で登録販売者の試験に合格した人全員が

現場に出ている事はありえませんが

登録販売者の制度が2009年開始という歴史が浅い事を考えれば

急激にその数が増え、さらに人数は増えていくのは間違いありません。


となるとOTC、およびセルフメディケーションの主役はもはや

薬剤師ではなく登録販売者なんです。




・・・と、身も蓋もない事を言いたいわけではありません。





問題は既存のOTC薬のほとんどが登録販売者でも扱え

将来的に間違いなくOTCのシェアが伸びる中で

登録販売者の数を劇的に増やすのは問題があると思うんです。



「OTCのシェアが増えるのならば登録販売者増やしていいじゃん」

と思うかもしれませんが

問題なのは安易に登録販売者を増やして

OTCや周辺の知識及び

その販売体制がしっかり厳守されていない事に尽きます。





そもそも登録販売者の受験資格ですが

学歴・年齢:平成27年4月1日以降の試験より不問
実務経験:不問。どなたでも受験することが可能


となっています。ちなみに以前の受験資格は

・大学などで薬学の課程を卒業した人
・高校卒業以上で1年以上の実務経験のある人
・ 4年間以上実務経験のある人
・上記の人と同等以上の知識、経験があると、都道府県知事が認めた人


ですからかなり門戸が開いた形になっています。

それにしても学歴不問ってすごいですよね。




そして試験に合格した後に2年間の実務経験を積む必要がありますが

実はこの実務経験を積む間もお店の管理者になれないだけで

薬の販売は可能なんです。


しかもその2年間の実務経験というのが

「店舗の管理者・管理代行者の要件を満たした人の指導の下で、販売に従事する必要がある」

という何ともぼやけたものとなっています。


では管理者の登録販売者と新米の登録販売者の区別はどこでするの?

という話しですがこれは

「名札等で判別できる標記」

とされているんですね。


ただでさえ薬剤師か登録販売者がすらも判別が難しく

下手すると全員薬剤師と思っている人がいる中で

この違いだけで分けている現状があるわけです。



おまけに管理者になれる実務経験というのは2年間ですが

5年間の中で80時間以上ある月が24月(2年分)あればいいんです。


以前は「1ヶ月間の実働80時間以上における12ヶ月以上の連続した期間」

であった事からするとこちらもかなり優遇されました。


まあこれは女性の場合などは出産や育児によって

環境的に勤続が困難な人にとっては朗報だった事でしょう。



しかし以前に登録販売者の試験に関しては実務経験が必須でしたが

自分の社員を早く登録販売者にしたいがために

わざと実務経験を偽って受験資格を与えた所が跋扈した歴史がありますが

この改定によってそれが改善したかと言えば

むしろ改悪だったのではないかとすら思います。





もちろん登録販売者はOTCのほとんどを扱う事が出来て

なお且つ給料は薬剤師の半分程度で良いわけですから

登録販売者を重宝したいのは分かります。


個人的にも「薬剤師の職域が~」などと言うつもりもありません。



しかしいくら使い勝手が良いからと言って

窓口を広げすぎるのはどうかと思うんです。



ちなみに学歴不問になった最初の試験では

合格率は45%でした

意外と低いと思われるかもしれませんがそれでも

約2.3万人の登録販売者が誕生しています。






良く薬剤師不要論で言われるのが

「ドラッグスストアで薬を買っても何も聞かれない」
「薬剤師である必要性はない」

という事が言われます。

そしてこの原因は

個々の薬剤師や登録販売者の質の問題でもあると思うんですが

一番の問題は企業のコンプライアンスが低い事だと思うんです。


現状、正直販売ルールが徹底しているとはとても言い難い状況です。

まずはそこの改善が最優先。今すぐにでも可能です。


しかし個人の知識や資質の問題は

ある程度時間をかけて積み重ねないと蓄積されません。

もちろん時間だけが過ぎても中身が伴わなければ全く無意味です。




今後OTCの役割はかなり重要になってくるのは間違いありません。

そして要指導医薬品は第1類に。1類は2類へとだんだん降りてくるでしょう。


そうなった時にもはや薬剤師かそれ以上にOTCを扱っている登録販売者は

より一層薬の適正使用、利用者の安全を担う必要が出てきます。

そんな時代に

販売ルールも守っていない

知識もない経験もない登録販売者(薬剤師も)を増やすと言うのは

利用者の安全を第一に考えて行っているとは到底考えられません。





ですから安易な登録販売者を増やすのは反対です。


せめて試験の難易度を上げましょう。

そして試験合格後すぐにOTCを販売できるのは

廃止した方が良いと思います。

少なくとも1年は実務経験を積んだ方がいいのではないでしょうか。




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示