調剤薬局併設のコンビニに望むのは24時間薬の販売



コンビニチェーン大手のファミリーマート(本社東京豊島区、ファミマ)は、横浜市南部を中心にドラッグストア・調剤薬局を展開するサカイヤ(本社横浜市戸塚区)と、コンビニとドラッグストアの一体型店舗1号店「ファミリーマート+サカイヤ港南台店」を4月27日にオープンした。
コンビニと調剤併設Dgsを融合‐サカイヤと一体型店 ファミリーマート


   サカイヤ




いつも調剤併設型のコンビニができるたびに違和感を感じるんです。

だって調剤薬局とコンビニが併設しているだけ

な所が多いんですもん。


コンビニと調剤薬局が併設

と聞いて誰もが思う事は

他のドラッグストアが閉まっている夜中でも朝でも24時間薬を買えて便利

という印象があると思うんですが

結局ただの横並びでの営業、薬局は7時に閉まる

ただのコンビニと調剤薬局になっています。


そんな所はいちいち調剤併設のコンビニと謳わなくてもいいと思うんですよね。

本当の利便性から大分ずれています。

まあ本質的な所は

調剤薬局を置くことでの集客という面が強いからでしょうが。



しかし今回記事になっている横浜市南部を地場とするサカイヤですが

こちらは少し変わっていて

登録販売者を24時間常駐させることで

常に薬の販売を可能にしています。


さすがに薬剤師を24時間置くとコストがかかるので

登録販売者だけになっていますが

現時点で

第1類医薬品でないといけないという市販薬はほとんどないので

全く問題ないでしょう。


ただ、今後の調剤薬局側を見ると

24時間処方箋だけでなく市販薬の対応も必要になってくる可能性もあることから

夜間でも市販薬を売る「体制」を整える必要性が出る時代になるでしょう。

そるなると24時間営業の代名詞であるコンビニとの併設も

大分意味がある気もします。


しかしすぐ薬が欲しいのに

電話で薬剤師を呼び出して待つというのは

患者さんからするとあまり現実的でもなさそうな気がします。

そうなるとやはり登録販売者を24時間常駐するのがベスト。



今後は登録販売者と言えば

夜勤も当然という時代が来るかもしれません。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コンビニ+介護+調剤薬局

調剤薬局を併設し、介護相談ができる窓口も備えたコンビニエンスストアが、大阪府東大阪市で全国で初めてオープンしました。

全国初 コンビニに薬局&介護相談


何だか時々目にしますね。

介護+コンビニ。

以前もこの形態のニュース→コンビニ+介護

についてかかせてもらいました。

そして今回はプラス調剤薬局という形。

まあこれがどうなるかは微妙だと思いますが

病院も近くにあるし
(院外処方か分かりません。しかし近くに薬局がないので院内処方なのかも)

駅も近くにあるので

介護にしても調剤にても地の利を活かせる事が出来るかもしれません。




ただ近くに病院や駅など人の集まるものがないという地域の所も多いはずです。




と言う事で

薬局が今後提携すべき事業について

勝手に、やりもしないのに考えてみました。




そして思いついた案として

身近で流行っているスーパーなどと提携するのはどうでしょう。


地方に住んでいると地元のスーパーは大事なライフライン。

しかも高齢者にとってのなじみのスーパーの依存性はかなりのもので

集客という面でもコンビニよりも遥かに容易。

それなりの敷地面積を有している所も多いです。


それに朝病院行って

昼にスーパーで買い物して帰るというのは

地方の高齢者にとってはゴールデンルート(イメージ)。

コンビニなんか目もくれません。



イオンが調剤事業にも力を入れていますが

地元のスーパーでも調剤薬局併設型。

これからの門前薬局の風当たりが強くなる中においてアリかもしれません。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

パート時給、薬剤師が最高で2101円

職種別にみると、平均時給が最も高いのは「.薬剤師」で 2,101 円、次いで「看護師、准看護師」1,568 円、「介護ヘルパー」1,007 円、「物品配送ドライバー」964 円、「保育士」940 円、「娯楽場等の接客サービス員」938 円の順となっている。一方、最も低いのは「コンビニエンスストア販売員」の 795 円で、最も高い「薬剤師」との間には 1,306 円の職種間格差が生じている。
2013年パート時給年間平均 東日本は976円、西日本は915円


介護ヘルパーも物流発送ドライバーも

労力としては決して薬剤師の半分の労力とは思えず

むしろ薬剤師が一番肉体的な負担は軽いのではないかと思うと

薬剤師の職の厳格さを感じる

というよりも正直

すごく使い勝手が良いという印象を受けます。


薬剤師になるまで6年間とその学費がかかる事を考えると

確かにコスパは悪いですが

女性は育児や出産で職を離れ

その後の復帰やバイトやパートで働くには

これ以上適している仕事はないでしょう。


一番高いバイトの時給が薬剤師で

一番低いのがコンビニ店員という事ですが

それを同時に雇うことになる

コンビニ併設型で薬を販売する所は

それだけ利益を見込んでいるという事の暗示なのでしょうか。


将来のコンビニの形が非常に楽しみです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示