「ドラおじさんの薬剤師・転職相談室」はなぜ人気なのか??




以前「薬剤師求人で年収1000万円が存在する件」という記事を書いてから

転職サイトを見る機会が増えたんですが

最近は転職サイトを紹介するサイトも非常にたくさんできています。

という事で今回は

薬剤師転職サイトを紹介するサイトのレビューをしたいと思います。


まず「薬剤師 転職」で検索すると

基本的にはマイナビだったり薬キャリといった転職サイトが当然上位に

ヒットするわけですが

なんと1ページの検索3つめに早くも

薬剤師の転職サイトを紹介するサイトが掲載されているんです。

それは

「キャリアアドバイザードラおじさんの薬剤師・転職相談室」


というサイトになります。


こちらはドラおじさんと女性の対話形式で

薬剤師の転職について紹介しているサイトになります。


ではなぜこのサイトが人気があるのかと考えた時に

おそらく色んな要素があると思うんですが

まずパッと見て

記事数がそんなに多くないんです。

記事が多く色んな情報が載っているという訳ではないんですよね。



しかし記事が少ないですが対話形式である事から読みやすく

1つのテーマをしっかり掘り下げているので何となく読んでしまうんですよ。

ちなみにここでの「掘り下げて」と言うのは

話しの流れ上、ふと気になる疑問をポンポン投げかけて

それをドラおじさんが解説していくというスタンスです。


例えば

「リクナビは大手企業とのパイプが他の紹介会社よりも強い」

という紹介に対して

「パイプが強いってどういう事?」

の様に、1つ1つかみ砕いて説明している丁寧さがあったり

また

「薬剤師の年収がアップしやすい資格やスキルは?」

という問いに対して

コミュニケーション能力があれば年収がアップできる。

なぜなら薬剤師はコミュニケーション能力が低いから

という解決策にならないですが客観的事実をズバッと言う所や

アピールしても年収アップに繋がらない「意外な資格」まで

細かく紹介している所が読んでいて妙に納得させられるんですよね。




また、個人的に思った事は

薬剤師の転職サイトランキングなどを用いていない所が良いです。

結構多くの転職サイトの紹介サイトは

1位:リクナビ
2位:薬キャリ
3位  ・・・・

と言った感じで、なぜか執拗にランキング化する習性がありますが

このドラおじさんの薬剤師・転職相談室は凄いシンプル。

3つの転職サイトだけ紹介し

後はどれも見劣りするという正直な感想。

無理やり紹介しようとするゴリ押し感が全くないんです。

逆に紹介している3つに関しては掘り下げて紹介しているんですね。

リクナビ・マイナビには派遣薬剤師がない事などは初めて知りました。



という事でドラおじさんの薬剤師・転職相談室が人気な理由をまとめると

・転職サイトに媚びていない
・痒い所に手が届く情報をしっかり提供している
・情報の提供の仕方が丁寧
・キャラクターの対話形式で読みやすく作られてある


などがあるのではないでしょうか。












余談ですが

実際にどんなものかとファルマスタッフで地元の派遣を検索してみると

地方だからかもしれませんが時給4000円の求人とか普通にあるんですよねえ。


決して明るくない今後の薬剤師業界を考えたら

時給4000円なんていうのも話のネタ的に一度はアリかもと思う今日この頃です。




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

アイセイ薬局が薬剤師の求人紹介サイトを始めたけど・・

以前エムスリーキャリアが過疎地の医療機関を対象とした

医師の転職支援サービスを開始したことを聞いて

薬剤師もどこも似たり寄ったりな求人サイトなので

薬剤師の偏在を解消する求人サイトがあればいいなあ

と書いたんですが

→薬剤師求人の差別化

今回アイセイ薬局の100%子会社である

「お仕事ラボ」の運営が開始しました。



薬剤師特化型人材事業のAXIS(アクシス、東京都千代田区)は、薬剤師専用求人紹介サイト「お仕事ラボ」の運営を始めた。結婚や夫の転勤などに伴い、転職を余儀なくされる薬剤師を支援することで、人材を有効に活用し、医療過疎地などへの人材供給にも貢献する。

薬剤師専用求人紹介サイト AXISが運営スタート


医療過疎地などへの人材供給にも貢献する

ということで

「これは今後の薬剤師偏在の救世主になるかも」

とサイトを見てみました。

ちなみにアイセイ薬局ですが

病気の解説などを載せているフリーペーパーの

「ヘルス・グラフィックマガジン」がグッドデザイン賞を受賞して有名な薬局チェーンです。

グッドデザイン賞を受賞した理由は

フリーペーパーとは思えない内容と

何より表紙のユニークさ。


ヘルスグラフィックマガジン
こんな感じでフリーペーパーにすごく力を入れて発行しています。





で、求人サイトに戻りますが



あれだけ奇をてらっているフリーペーパーを発行しているのに


残念ながら今のところ普通の薬剤師求人サイトみたいです。


実際に検索しても他の求人サイトと特に差別化なし。

しかもオススメ求人が全部東京って・・・


過疎地の薬剤師供給はどこへ。




やっぱりアイセイ薬局は

ヘルスグラフィックマガジン2



こっちに力を入れましょう。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

薬剤師求人の差別化


エムスリー・キャリア



薬剤師の求人でもお馴染みの

エムスリーキャリアが

過疎地の医療機関を対象とした医師の転職支援サービスを開始したみたいです。


エムスリー子会社のエムスリーキャリア(東京・港)は過疎地の医療機関を対象とした医師の転職支援サービスを始める。地域医療に興味があるものの、自身のキャリアへの影響から赴任をためらっていた若手の医師の利用を促すため、勤務期間を半年~2年程度にした。医師の偏在解消を支援する。
エムスリー子会社、過疎地病院へ医師紹介 勤務期間を限定

エムスリーキャリアは

国内の30万人いる医師のうち25万人が登録する

会員制サイトを運営していることから

医師の転職の中核を担うと言ってもいいでしょう。

そんなエムスリーキャリアの会員向けアンケートでは

「期間限定であれば約7割の医師が地方赴任を前向きに検討する」

意向が得られたそうなので

あとは実際にどれだけの医師が実際に動くか気になる所です。


実際に半年~2年ぐらいであれば

そこまでハードルも高くないでしょうし

「将来は田舎でのんびり暮らしたい」

という人にとってはいい機会だと思います。

まあ医師でのんびり田舎で過ごす前に

医師が足りずに余計疲弊する可能性もありますが。


ただ求人サイトが主導して医療従事者の偏在解消を行うのは

ぜひ薬剤師でも行っていただきたい所。

期間は医師よりも短くして

3か月~好きなだけみたいな形にするのはどうでしょう。

もし地方での生活が良ければそのまま移住してもらえる可能性があると思います。



今でも派遣登録をしておいて

期間限定で全国を飛び回るという形態もありますが

言っても派遣会社との契約になるわけで

それならば個人で地方の薬局に短期で契約できた方が

もしその地域が気に入って長期で住みたいなと思ったり

もしくは地元の人と結婚したいという状況になっても全く問題ありません。



あとは、女性薬剤師が一人で地方に行くのは気が引ける人もいると思うので

移住先でのコミュニティ的なものまで気を配ってあげると

さらに行きやすくなるのではないでしょうか。




最近では男性向け薬剤師の転職サービス 「オレ薬」

業界初!男性薬剤師向け転職サイトを4月28日開設  「出世したい」など男性の志向にマッチした求人を紹介


などもオープンしていることから

どこも似たり寄ったりの薬剤師の求人サイトが多い中

薬剤師の偏在を解消する事に特化した求人サイトがあってもいいと思います。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示