今さら日薬が敷地内薬局誘致に反対しても遅い



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   





敷地内薬局を巡っては、東京大学医学部附属病院で敷地内薬局が可能なアメニティ施設の公募が行われており、都薬が日薬に対して協力を要請している。
敷地内薬局の状況説明と対応協議



これまで敷地内薬局に関しての薬剤師会の対応としては

反対こそすれど本腰を入れての反対の動きはほぼありませんでした。

ただ今回東京大学医学部附属病院が敷地内薬局の誘致に乗り出したことから

何だか雲行きが変わってきましたね。

「厚労省だけでなく、所管の文科省にも意見はしている。場合によっては政治方面からのアプローチを考えなくてはならない」

とした山本会長の発言からも

これまでとは敷地内薬局への対応が違うことが見て取れます。


でも個人的にはこの日薬の動きは全く賛同できません。

正直「今さら」感が強すぎます。






そもそも敷地内薬局に関しての是非についてですが

これは個々の薬剤師においてそれぞれ意見が異なります。

敷地内賛成の意見もあれば反対意見もあり

まさに賛否両論です。

ただどれだけ個々の薬剤師が持論を持っていたとしても

「日本薬剤師会として敷地内薬局は断固として反対する」

このスタンスであることは揺らぎません。


でも現状を見てみればびっくりしますよね。

だって全国的に薬剤師会が敷地内薬局に名乗りを挙げており

鳥取県の場合は当時の薬剤師会会長が敷地内薬局に名乗りを挙げて

その結果薬剤師会を辞める自体にまで発展しましたが

今度は石巻薬剤師会、新庄最上薬剤師会が敷地内薬局に名乗りを挙げています。

まあ石巻市は少し事情と形式が違うためここでは触れませんが

新庄最上薬剤師会に至っては正直意味が分かりません。




新庄最上薬剤師会は「地域につなぐ役割を担う」とし

同時に薬剤師の確保や採算の問題が挙がっていますが

そもそもボランティアではありませんので

薬剤師雇用確保・賃料のためにもそれなりの利益を出す必要もあり

そんな中で自分たちの利益は置いておいて

「地域につなぐ役割を担う」という事が果たして可能なのか甚だ疑問です。


また、薬剤師会自らがそんな

体のいい理由をつけて敷地内薬局に名乗りを挙げる事が

他の敷地内薬局に名乗りを挙げる薬局にとっても

都合のいい理由を提供してしまっている事をもっと自覚すべきでしょう。




最近の一連の敷地内薬局に対する意見の中にも

「敷地内や門前や面ですみ分けができればいい」

という意見もありますが

そもそも高い賃貸や諸々を払ってボランティアをする訳ありませんし

大分シビアな計算をしている大手ばかりが敷地内に参入している事を考えても

それらは第三者によるただの「勝手な願望」でしかありませんよね。








という事でまずは日本薬剤師会として

この統制のなさをどうにかすべきだと思うんです。

今さら日薬がどれだけ正論を吐いたところで

身内が敷地内薬局に名乗りを挙げている限り無意味です。




また今回日薬が動きだしたタイミングも正直理解できません。

というのも現在全国で敷地内誘致の動きは64件になるらしいのですが

ではどうして今まで重い腰を上げなかったのか?

地方の敷地内誘致の件は結局「地方の問題」だったのか?

今回日薬は東京薬剤師会が協力を仰いだから動いただけではないのか?

と、今回の行動に対して理解しがたいことばかりになってしまいます。


今回の日薬の対応ははっきり言って遅すぎですし

パフォーマンスだとしても逆効果でしかありません。


厚労省や文科省や政治方面からのアプローチを考えるのであれば

敷地内薬局の規制緩和が決定した瞬間にやるべきでしたし

今頃になって動き出してもこれをひっくり返すことは

相当難しいと思います。



逆にこれまで大きな動きがなかったことは

敷地内薬局を黙認していたのではと受け取られても仕方ありません。


と、今回の日薬の動きに対して否定的な立場なんですが

正直薬剤師会だけでなく医師会に対しても意味が分かりません。


医師会は以前、上場企業の某調剤チェーンに対して

「公的医療保険を使って内部留保が~、社長の報酬が~」

と言って批難していました。

個人的には上場企業の利益全てが医療保険で得た利益ではないため

その批判は的外れである一方で理解できる部分もあると考えます。


ただこの敷地内薬局に関しては完全に

その医療保険の利益を賃料を介して吸い取っている形であり

あれ程「薬局は不要」「門前薬局は相応しくない」としておきながら

医療機関側が敷地内薬局を誘致するのは支離滅裂です。








と言う事で統制がとれていないのは

医師会も薬剤師会も同じですが

大してデメリットがない医師会とは違い

薬剤師会の対応は終始悪手だとしか思えません。


この意見に賛同する方はクリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

敷地内調剤薬局はただのキックバック

敷地内調剤薬局は、完全なるキックバック制度ですよね。医療費の2重取りと言われても仕方ないですよね。

そもそも、医師会の副会長さんは、調剤薬局は医療を食い物にしていると声高に叫ばれているのですから、この件についてどう感じるか発言してほしいですね。
プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
時給4000円以上ならココ
急募情報に特化
RSSリンクの表示