健康サポート薬局なんかじゃ何も変わらない。



にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
   





2016年10月から

健康サポート薬局の届け出が開始となりますが

おそらく何も変わる事はないでしょう。




そもそも健康サポート薬局とは

これまで薬局は調剤や医薬品供給を通して

国民の健康を支えてきましたが

どうも薬学的管理・指導の機能が十分に発揮されず

患者さん本位の医薬分業ができていないという事で

医薬分業の原点に立ち返り

健康サポート薬局という議論が始まりました。


そして後に健康サポート薬局の要件も出てきましたが

これを一部の薬局が行って薬局の見方が変わり

患者さんのニーズに応える薬局になるとは到底思えません。





例えば薬剤師が受ける研修


特にこれまで必要であるはずのOTCへの関心を

半ばおざなりにしていた中で

健康サポート薬局の研修においては

「要指導医薬品概説」として最も多くの時間を割いていたり

地域との連携を深めるために

「他職種連携と薬剤師の対応」

などの項目を設ける事は非常に良い事だと思います。

これまで地域連携の肝となる在宅に二の足を踏んでいた薬局も

これを機に開始するきっかけになるかもしれません。


ただこれって一部の健康サポート薬局を目指す薬局だけではなく


全ての薬局が目指して然るべきだと思うんです。



そもそも健康サポート薬局の始まりが

「患者本位の医薬分業のあり方」という事であれば

これを全ての薬局が備えない限りは医薬分業の評価というものは

根本的に変える事ができないでしょう。


「いやいや、だからダメな薬局は淘汰されていくんだよ」

という意見もあると思いますが

いくら逆風が吹いている薬局業界でも

スパッとなくなる事はまずありません。

少しずつ少しずつジリ貧状態で無くなっていくでしょう。

ですから「淘汰待ち」よりも

「全体の評価の底上げ」をまずは徹底すべきだと思うんです。



ただ、薬剤師会が

「本当にやれる薬局だけに手を挙げてもらいたい」

というぐらいなのでほぼ実現は不可能でしょう。





そして健康相談としての役割ですが

いくらパーテーションで区切って相談窓口を設けても

患者さんが気軽に相談しに来るのでしょうか?



また、要指導医薬品を含めたOTCの品目も48品目が挙げられ

衛生材料・介護用品も常備するように決まりました。


個人的には時間帯によって

薬剤師の在籍していないドラッグストアも多くある中で

薬局が必ず第1類以上を置いてくれるのは

それはそれで差別化になると思うのですが

価格も安く品数も多い

大手のドラッグストアなどと差別化を図るのは

難しい所だと思います。


薬局に以前来局歴があり

患者データが蓄積されているならば

OTC販売も健康相談も

かなりのアドバンテージだと思いますが

処方薬もない一般の人が薬局に入ると言うのは

価格の面、そして処方箋がある種の入場券になっている現状では

難しいでしょう。


それは薬局の名前を健康サポート薬局に代えたところで

変わらないと思います。




ですから一部がその様な対応をするよりも

薬局全体で例えば

「ロキソニンSが欲しいけど近くのお店に薬剤師がいなくて買えない」

という場面において

「薬局ならば絶対いつでも購入できる」というイメージ作りをし

夜でも電話をすれば薬局を開けてもらってロキソニンを売ってくれるような

利便性を担った方がマシだと思うんです。


つまりは24時間OTC販売対応の形です。

その方がよっぽど薬を介した地域への貢献となるでしょう。







おそらく多くの健康サポート薬局を考えている所でも

スタートしても劇的に変わる事がないのは感じていると思います。


中には

「将来的に予想される加算のための準備」

という目的の薬局も少なくないでしょう。


しかし本気で

「健康サポート薬局で薬局を変える」

と意気込んでいる方もいらっしゃると思います。

そして今すぐには無理でも誠意をもって活動していけば

いつか必ず理解が得られるはず、と。


ただはっきり言いますと

この様なマイナーチェンジばかりを繰り返して

薬剤師内部では確かに変化がついている形であったとしても

結局は患者さんや一般の人からの薬局の見方が変わらない限り

一生変わる事はないと思います。

ただの薬局も健康サポート薬局も「同じ薬局」としか見られません。



ですから今回の健康サポート薬局

確かに時間をかければ理解が深まり

「健康サポート薬局良かったね」

という場面も一部では出てくるでしょうが

それで根本的な患者本位の医薬分業が変わると思ったら大間違いです。



ただでさえ良い薬局とダメな薬局が混在し

全体の質が指摘されている中で

さらに格差を広げても

結局健康サポート薬局では何も変わらないでしょう。

【お口直しに他の素晴らしい薬剤師ブロガーさんの記事も読んでいってください】 にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
  

スポンサードリンク

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール

black black

Author:black black
薬局・病院・医療業界など薬剤師を取り巻く業界の最新ニュースをお届けします。

ランキング
最新記事
ネット検索ならベスト
フォントが小さく情報が多い
交渉はコンサルに丸投げでOK
非公開求人が70%
35000件以上の求人
来客数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示